全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅とミカンの魅力PR 小学生が電子ポスター

梅とミカンの魅力をまとめた電子ポスターを紹介する会津小4年生(和歌山県田辺市湊で)

 和歌山県田辺市の会津小学校(下万呂)の4年生(64人)が梅とミカンの魅力をまとめた「ムービングポスター」(電子ポスター)をJR紀伊田辺駅、田辺エンプラス、市役所、市立武道館の4カ所で上映している。4月9日まで(市役所のみ6月末まで)。
 電子ポスターは、デジタル機器を使って、映像や音楽を発信する仕組み。会津小の作品は梅とミカンの歴史や種類、商品などをテーマにした約2分の映像で、児童の音声解説付き。19本あり、繰り返し再生している。
 児童は2学期から総合的な学習の時間に、資料を調べたり、農家や加工会社の話を聞いたりして、梅とミカンについて学び、電子ポスターの編集に取り組んできた。
 木下優芽さんは「ミカンは少し苦手だったけれど、ビタミンが豊富で肌にもいいと知って大好きになった」、入江三空さんは「ミカンは種類だけでなく、皮のむき方や食べ方もいろいろあって驚いた。クッキーやカレー、シチューにもなっているそうで、ぜひ食べてみたい」と目を輝かせた。
 2人は「知れば知るほど興味が湧いてきた。一方で、情報量が多く、分かりやすくまとめる作業が大変だった」と話す。「梅もミカンも昔から愛されてきた地域の特産品。いろいろな商品に変身しているので手に取ってもらいたい」とアピールしている。
 同市の大塔中学校が制作した地域をPRする動画も一緒に上映している。

関連記事

紀伊民報社

紀南の自治体から職員続々 大雨被害の海南市を支援

 6月2日から3日にかけての大雨で大きな被害を受けた和歌山県海南市を支援しようと、紀南の自治体が職員を派遣している。災害ごみの撤去など、復旧に向けた作業に当たった職員は「1週間たってもまだ爪痕が...

高校生ものづくりコン道ブロック大会、測量部門で苫小牧工高が最優秀賞

高校生が3人1チームで測量のスピードや正確さを競い合う第23回高校生ものづくりコンテスト北海道ブロック大会測量部門が8、9の両日、苫小牧工業高校で開かれた。道内8校による対戦で苫工のチームが最優秀...

荘内日報社

互いの文化や生活 理解深める ポーランド・アダム大と公益大オンライン交流 イ..

 ポーランド共和国で日本語を学ぶ学生と、東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生による交流会が7日、オンラインで行われ、学生たちが互いの国の文化や生活などについて理解を深め合った。公益大とポー...

ふたりぼっちパスポート 「1人分無料」12日発売 十勝

 「十勝シーニックバイウェイトカプチ雄大空間」代表者会議(野村文吾代表)が企画する「ふたりぼっちパスポート」の販売・利用が12日からスタートする。加盟施設の対象商品・サービスを2人で利用すると1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク