全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広尾の移住情報一冊に 協力隊の中村さんが編集し初パンフ

 広尾町は、移住関連情報を掲載したパンフレット「move to PIRUY(ムーヴ・トゥー・ピルイ)」を発行した。広尾の「住まい」「仕事」「食」を紹介、先輩移住者のインタビューも収録している。町は「気になる場所として、広尾に目が留まるきっかけになれば」としている。

初めて発行した移住パンフレットと編集を担当した中村さん

 町として初の移住パンフレット。地域の1次産業の発信に取り組むピロロ企画に作成を委託、町地域おこし協力隊の中村麻矢さん(31)が編集を担当した。PIRUY(ピルイ)は、広尾の町名の語源とされるアイヌ語。

 東京でモデルとして活躍する女性が広尾の「小屋生活」や食を巡り、東京と広尾の二拠点生活を実践する中村さんと地元すし店「港寿し」でスローライフを語り合う構成。

 進学や結婚を機に広尾に移り住んだ高校生や主婦のミニインタビュー、漁業や農業の周辺にある職場(酪農ヘルパー、削蹄師、溶接師など)、広尾へのアクセスも掲載している。

 B5判、カラー刷り20ページ。1000部作成し、帯広空港、帯広駅、帯広競馬場などに配布した。東京・有楽町の「どさんこプラザ」、札幌市内のホテルや地下歩行者空間、福岡市内の施設にも置く予定だ。

 中村さんは「移住を具体的に考える都市部の30代がターゲット。必要な情報を提供し、『楽しく暮らせるよ』と呼び掛ける内容にした」と強調。町企画課の角井結香さんは「他町村のパンフと差別化を図るため個性的な構成にした。移住を考えている人に手にしてもらいたい」と話している。

 問い合わせは同課(01558・2・0184)へ。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク