全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

在外教育施設派遣の川堰、松下教諭帰国報告【釧路】

帰国報告する松下教諭と川堰教諭(左から)

  在外教育施設の教員として文部科学省の制度により派遣されていた、台中日本人学校(台湾)の川堰清美教諭(釧路市立鶴野小学校)と、シカゴ日本人学校(アメリカ)の松下美保教諭(同音別小学校)がこのほど3年間の任期を満了し帰国。27日に市教委を訪れ、岡部義孝教育長に帰国報告と現地での活動を紹介した。

 両教諭ともに派遣期間は2020年4月から今年3月まで。川堰教諭はコロナ禍ですぐには派遣されず20年7月台湾入り。コロナ禍でさまざまな規制があったが「決して残念で悪いことばかりではなかった」とし、集団で学習することがどれだけ大切で意味あることかに気付かされたという。また、現地でのオンライン授業では、長時間行うことによる低学年児童への身体的影響や授業で使うスライド資料の制作など「ものすごく考えた3年間だった」と振り返った。

 松下教諭は20年8月にアメリカ入り。自身の子供が日本人学校や現地の学校などに通ったことから、日米の教員について比較し、日本の学校では休み時間や給食時も担任教諭の仕事だが、アメリカではそれぞれに担当の教員がいて、教員の休憩時間が確保されていることなどを紹介。現地の学校では多様な人種、言語などの子供がいて「多様性に満ちていた」と語った。

 岡部教育長は「一番厳しい時期の3年間に派遣されていた成果を、釧路の教育で遺憾なく発揮していただき、釧路の教育で感じた違和感をぜひ発信してほしい」と呼び掛けた。

 4月から川堰教諭は大楽毛小、松下教諭は白糠町立白糠学園で教壇に立つ。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク