全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路市役所、2航空会社の出向者離任【釧路】

釧路での経験を糧に新たな職場で活躍を誓う横澤さん(左)と服部さん

 釧路市に出向していた職員の帰任者辞令交付式が27日、市役所で行われた。新型コロナウイルスの影響で2021年度に航空会社から出向していた横澤友絵さん(51)さんと服部まゆかさん(46)も戻ることとなり、それぞれが帰任先での活躍を誓った。

 横澤さんは全日空関連のANAあきんどからの出向で、市都市経営課に所属し自治体戦略プロダクトマネージャーとして、ふるさと納税やワーケーションの推進に取り組んだ。32年ぶりに釧路で過ごした2年間について「雪が少なく、冬に晴れる日が多くてとても過ごしやすかった。コロナ禍による制限はあったが、地域の魅力を満喫できた」と振り返った。

 今後は札幌市で、路線の販促や修学旅行などを担当する。「釧路で得た人脈やスキルを生かし、新たな業務に取り組んでいきたい」と意欲を示した。

 服部さんは日本航空(JAL)からの出向で、市観光振興室に所属し、ツーリズムスーパーバイザーとして、主に観光情報や地域の魅力発信に尽力した。この2年間でアウトドアに目覚め、登山やカヌー、スノーシューなどのアクティビティーにも挑戦。「大自然に囲まれ、とても充実した日々を過ごした」と語った。

 今後は札幌市で、地域の課題解決に向けたさまざまな企画、立案を行う。「鶴とご縁の深い釧路市に出向できて本当に感謝している。釧路で培った経験を生かし、新しい事を創りあげていきたい」と意欲を示した。

 このほか、産業振興部商業労政課長の田北剛さん、市立釧路総合病院事務部医療管理課企画財務担当専門員の中山真也さんも帰任。蝦名大也市長は「市政の推進に心から感謝している。帰任先でのご活躍を祈念する」とエールを送った。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク