全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

着物姿で城下町・鶴岡歩く「きもので雛めぐり」 外国人も着飾り魅力体験 ひな人形展で日本文化学ぶ

 着物姿で城下町・鶴岡を歩きひな人形の展示施設を巡る催し物「きもので雛(ひな)めぐり」が25、26の両日、鶴岡市内で行われた。26日には同市内のバイオベンチャー・スパイバー(関山和秀代表執行役)に勤務する外国籍の社員や家族が和装を体験。着物姿で荘内神社を訪れ、ひな人形の展示会を見学した。

荘内神社宝物殿に展示されたひな人形の説明を聞いた

 この催し物は鶴岡市の呉服店で構成する鶴岡呉友会が企画した。鶴岡市内各所で古くから伝わるひな人形やひな道具を展示・公開する「鶴岡雛物語」の開催に合わせ、着物の魅力を再確認してもらうもの。同会に加盟するトキワ屋、着物の小いけ、むらまご呉服店、南銀座・池田の各店で着物の着付けが行われた。「鶴岡雛物語」期間中は、会場の入場料の割引など特典がある。

 スパイバーの社員や家族の着付けは市第三学区コミュニティセンターで行われ、米国やインド国籍の男女8人が参加。着付けは鶴岡呉友会に協力するボランティアサークル「結美の会」(佐藤民江会長)が担当した。

スパイバーに勤務する外国籍の社員や家族が着物の着付けを体験。「とてもビューティフル」と笑顔

 女性は長じゅばんの上に着物を着て、帯を結んで仕上げたほか髪留めをあしらうなど華やかに着飾った。男性は185センチと高身長の人もおり、結美の会会員が3人がかりで着付けする姿も見られた。着付けが終わると全員で荘内神社に移動し、宝物殿でひな人形展を見学。石原純一宮司の「180年前のおひなさまもいらっしゃいます。五人囃子はいわゆるミュージシャン」といった説明を聞いた。

 スパイバー社員のリオビス・アレックスさんに会うため2月末に来日した母のジェイさん(67)=米国在住=は「着物を見たことはあったが着るのは初めて。長じゅばんを着るなど知らないルールがたくさんあることに驚いた。素晴らしい体験ができて感動した」と話していた。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク