全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

つぼ八  苫小牧の「味の大王」とコラボ カレーラーメン期間限定で提供

道内外で居酒屋を展開するつぼ八(札幌市)は、苫小牧市植苗のラーメン店「味の大王」とコラボレーションしたカレーラーメンを期間限定で提供している。「春の限定おすすめメニュー」として全国117店でメニュー化。つぼ八は「味の大王の知名度を借りて、お客さまの来店のきっかけにつながれば」と期待する。

カレーラーメンのコラボ商品をPRする、つぼ八の立花部長(左)と味の大王の中江常務

 今月14日に開始し、道内店は4月3日まで、本州の店では同16日まで扱う。価格は道内店が605円、本州店は638円。

 居酒屋とラーメン店という異色のコラボは、ラーメン好きで同社のメニュー開発を担当する立花大幹商品部長(50)の思いから具体化した。知人が味の大王の高橋浩一社長(55)と学生時代の同級生だったことをきっかけに、昨年9月に同店を訪問。とろみがあり、スパイシーなカレーラーメンにほれ込み、つぼ八でのメニュー化を打診し、快諾を得た。

 「味の大王コラボ・カレーラーメン」と名付けたメニューは、味の大王がイベント時に利用する冷凍スープを使用。軟らかいチャーシューなど具の内容も可能な限り再現した。スープを熱いまま客に提供するため、ガスであぶった1人用の土鍋に入れて出している。立花部長は「スープは味の大王と同じなので、味のブレはない。こだわりは熱々のスープにワカメを載せて忠実に再現したところ。ほれ込んだ味を多くの人に味わってもらいたい」と語る。

 味の大王の中江友紀常務取締役(39)は「つぼ八から昨秋、コラボの話がきた時は驚いた。まさか、うちのカレーラーメンそのものを出したいと言われるとは思わなかった」と話し、全国展開の居酒屋での提供で苫小牧の知名度が上がることにも期待を寄せる。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク