全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

日本の国立公園フォトコン 釧路の藤里さんが入賞【釧路】

 環境省が主催する「物語に出会う。日本の国立公園フォトコンテスト2022」の審査結果が発表され、釧路市在住の会社員藤里有さん(58)による知床国立公園での作品「凛然」が入選に選ばれた。藤里さんは昨年4月に起きた知床遊覧船沈没事故での地域の落ち込みを受けて、「地元の方々に元気を取り戻してほしい」と写真に思いを込めている。

 「凛然」は羅臼岳を背景に、木にとどまるオオワシを活写したもので、昨年2月に撮影。羅臼岳とオオワシの張りつめた空気から命名した。

 藤里さんは8年前にカメラを始め、釧路には20年に転勤でやって来た。主に野生動物を撮影するためにたびたび羅臼を訪れていた。しかし、昨年の事故の影響で、地域が暗くなっている印象を受けたという。「コロナの影響を受けながら、シーズンに向けて再起を図ろうとした矢先の事故で、本当に大変だったと思う。「凛然」に映した羅臼岳など、多くの魅力がある。地域の方々に地元への自信と活気を取り戻してほしいと感じた」。

 コンテストでは道東の国立公園の写真を送り、知床の作品が入賞。「素直にうれしく思う。これで少しでも知床の良さを広めて、羅臼の観光関係者が活気づく呼び水になってほしい」と話した。

コンテストで優勝を果たした「凛然」(藤里さん提供)

< img src="http://kyodoshi.com/cawm-content/uploads/2023/03/202303261919070_l.jpg" class="img_100" />

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク