全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠城址公園”最速”開花 さくら祭り開幕 長野県伊那市

標本木に咲き始めたタカトオコヒガンザクラを眺める来園者ら

 長野県伊那市は25日、高遠城址公園(同市高遠町)のタカトオコヒガンザクラの開花を宣言した。過去最速といい、昨年よりも11日早い。宣言に伴い、同園を会場にした「さくら祭り」が開幕した。今年は新型コロナウイルスの感染対策を緩和し、ほぼ通常の形で開催する。市によると、見頃は4月1日前後の見込み。

 同園にはタカトオコヒガンザクラが約1500本植わる。花びらがやや小ぶりで強い赤みが特徴。開花は同園南口周辺の「標本木」で確認された。記録が残る1983年以降では最も早い。過去10年の平均は4月3日だった。

 開花宣言の前には桜雲橋付近で安全祈願祭と公園開き式を行った。あいにくの雨空となったが、高遠と高遠第2・第3両保育園の園児が春の歌を歌って盛り上げた。

 今年は社会情勢を考慮しつつ、にぎわいを取り戻そうと制限を緩和。入園者のマスク着用は推奨にとどめるが、休憩所の高遠閣では徹底する。飲酒を含む飲食は自由化した(感染状況により変更)。

 交通規制は4月1日~23日を予定。最盛期には有料のシャトルバスを運行する。城址公園や周辺を巡る「お花見循環バス(有料)」も走らせる。

 園内は26日から有料入園で小中学生250円、高校生以上500円。開園時間は午前8時~午後5時(最盛期やライトアップの時期は前後する)。プロジェクションマッピングなども予定する。

 伊那市観光協会長でもある白鳥孝市長は「いよいよ元の姿に戻った祭りを心からうれしく思う」とし、多くの来場を期待していた。

 娘や孫と訪れた同地区の60代女性は「例年よりとても早い。色が濃く、花も小ぶりでかわいい」と話していた。

関連記事

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

長野日報社

山岳観光シーズン到来 中央アルプス千畳敷で開山式

中央アルプスに山岳観光のシーズン到来を告げる開山式(駒ケ根観光協会主催)が19日、中ア千畳敷(標高2612メートル)の駒ケ岳神社前であった。青空の下で神事を行い、関係者ら約70人が参加。登山シ...

長野日報社

メルヘン街道、冬期通行止め解除 長野県

 長野県茅野市、佐久穂町境の国道299号(メルヘン街道)麦草峠(標高2127メートル)の冬期通行止め区間(138キロ)が18日、規制解除となり、小海町を含めた沿線3市町の関係者ら約150人が集まって...

長野日報社

諏訪湖サイクリングロード全線開通 20日の記念式典とイベントへ準備も 長..

 全線約16キロが開通した諏訪湖サイクリングロード。週末に自転車を楽しむ家族連れの姿が目立ち始め、20日の記念式典と記念イベントに向けた準備も着々と進む。「平たんで誰もが楽しめる。1~2時間で起点...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク