全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「劣化しにくい誘導標識を」 工業高生がアルミ製山岳看板試作品を宮田村に 長野県

試作品のプレート看板を小田切康彦宮田村長に手渡す駒ケ根工業高校機械科の生徒たち

長野県駒ケ根市の駒ケ根工業高校機械科3年生4人は24日、宮田村役場を訪ね、劣化しにくい金属素材で制作した山岳用案内看板の試作品1枚を村に寄贈した。生徒は選択授業「産業財産権の基礎」チームのメンバーで「山岳誘導標識の劣化が早い」とする課題に取り組んでいた。村は試作品を中央アルプスに設置。状況観察の上で耐久性を検証し、活用について検討していく。

同校の林厚志教諭と中央アルプス遭難対策協議会救助隊の北原大司隊長が懇談した際に出た「既存の道標の劣化が早い」という問題点を今年度の選択授業の課題として取り組みを開始。生徒たちは「山を愛するすべての人へ」をコンセプトに「目にして安心感が得られる道標」づくりに着手。標識のコントラストを明確にし、文字が劣化する問題を解消するため「パズルのように文字をはめ込み看板にする」方法に到達した。

アルマイト加工専門の宮田アルマイト工業(宮田村、清水光吉社長)に協力を求め、金属の中で最も劣化しにくいアルミニウムにカラーアルマイト処理したA4サイズの看板に仕上げた。

看板はアルプスを表す山並みと青い空、緑の草原、麓の桜と「中央アルプス山岳救助隊」の文字が青やピンク、黄色、オレンジ、緑、赤など鮮やかな色彩で描かれている。

贈呈式には、生徒や林教諭、北原隊長、清水社長ら関係者10人が出席。林教諭の報告に続き、生徒たちが小田切村長に看板を手渡した。

小田切村長は「山では看板が登山者の命を守る。この新たな看板が今後、普及発展していけば」と期待。選択チームのリーダー梅垣真翔さんは、多くの協力に感謝し「今回はまだ試作品だが、良いとなればこれが普及し一人でも助かる人が出てくれば」と願った。

試作看板は、中ア乗越浄土にある駒ケ岳管理センターに設置。耐風雨(雪)と耐光(太陽光)を中心に1~2年程度状況観察していく。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク