全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

生ごみを肥料に 無料化で段ボールコンポスト人気【宇部】

排出量減へ促進

 宇部市は、生ごみを処理する段ボールコンポストのキットを今年度から無料提供しており、2月末までに有料だった昨年度の倍以上となる1000個の申し込みがあった。「さらに周知を徹底し、ごみの減量化を進めたい」と関連事業費を新年度予算に上積みした。

 段ボールコンポストは、段ボール箱を使った生ごみ処理容器。ピートモス(泥炭)と、もみ殻くん炭を混ぜた基材が入っている。生ごみを投入すると好気性の微生物が生ごみを分解。3カ月の投入期間、1カ月の熟成期間を経て有機肥料として利用できるようになる。

 市の2021年度のごみ排出量の構成比は、燃やせるごみが85%を占める。その内訳は紙類44%、生ごみ27%、プラスチック類12%、草木類8%、布類7%、その他2%。

 家庭から出る生ごみを減量しようと、11年度に段ボールコンポスト事業がスタート。当初は1個1300円で販売していたが、普及を加速させようと19年度から1個600円に値下げ。今年度から無料に切り替えた。

 市民への提供数は19年度が230個、20年度が540個、21年度が399個。無料になったため22年度(2月末まで)は1000個と一挙に伸びた。利用世帯数は年間平均100世帯で推移していたが、今年度は新規申し込みが増え約600世帯に拡大した。 

 市のごみ排出量の推移を見ると、17年度の6万2758㌧に対し21年度は9・3%圧縮されて5万6947㌧に減量。人口減少が主な要因だが、さまざまな減量啓発効果もあり、1人1日当たりのごみ排出量は17年度の1029㌘から21年度は963㌘に減った。

 市廃棄物対策課ごみ減量推進係の川口修平係長は「全体のごみ排出量を考えると段ボールコンポストによる減量はわずかなものかもしれないが、環境に対する市民の意識向上につながっている。地道な取り組みの輪を広げたい」と期待を寄せる。

 段ボールコンポストは各ふれあいセンター、廃棄物対策課(電話34―8247)、市環境衛生連合会事務局(同43―7375)の窓口で申請するともらえる。

趣味のガーデニングに活用 西宇部地区の安宗さん

 友人に誘われて11年間、段ボールコンポストで生ごみの減量に取り組んでいる西宇部地区の安宗厚子さん(80)。屋外に置いた3箱をローテーションで回して一年中、堆肥を作り趣味のガーデニングに活用している。

 「野菜のくずや肉、魚のアラなど何でも入れる。ものによっては小さくして投入する。微生物が分解してくれるので入れても入れてもかさが増えないのが不思議」と、そのパワーに驚く。

 夏場はアブの幼虫が発生することがまれにあるが、虫よけの布で覆っておくと熱で死滅するという。

 「化学肥料と比べて安心・安全。何より無料で、生ごみも減るので助かる」と咲きそろったビオラを前に笑顔を浮かべる。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク