全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

夜のヒスイカズラ、魅惑的 世界を旅する植物館【宇部】

 

 宇部市のときわミュージアム「世界を旅する植物館」のヒスイカズラが21日、初めてライトアップされた。同日始まった「Feel!Asia in Tokiwa―ときわでアジアを感じよう」の一環で、来館者は昼の表情とは異なる魅惑的な翡翠(ひすい)色の花を楽しんだ。

 フィリピン原産でマメ科のつる性植物。館内の熱帯アジアゾーンの一角に1株を植え、10㍍にわたって通路頭上3㍍の高さの棚につるをはわせている。50~100輪の花が集まった花房が幾つも垂れ下がっており、見頃を迎えている。

 ライトアップは2日間限定で、25日午後6~8時半にも行われる。ときわ公園課の島谷恵子主任は「ヒスイカズラ自体が珍しいが、棚仕立ての育て方、ライトアップした見せ方も希少。ぜひ夜の姿を見に来てほしい。見頃が続き好評ならば、追加日を設けることも考えたい」と話した。

 「Feel!Asia…」は、春の心地よさを感じながら夜まで楽しめるイベントとして、5月7日まで常盤公園で開催される。同館には、国内初公開となるフィリピン原産のナイフツリーなど48種のアジアの希少な植物を展示。ときわ動物園の体験学習館モンスタでは東南アジアの動物と文化のパネル展を開催するなど、多彩なイベントを計画している。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク