全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新ビジネス軌道へ成果発表 とかち財団支援の5人

 とかち財団(金山紀久理事長)が2021年度に実施した、新たなビジネスを対象とした各種支援事業の採択者による報告会が帯広市内の事業創発拠点LANDで開かれた。先進地視察や実証実験などを行った5人が、事業の経過や成果を語った。

支援事業を活用した取り組みの成果を報告する事業者

牛の電子カルテ 経費節減に効果
 このうち、成長初期段階の事業者を支援する「アーリーステージ事業者支援助成金」を活用したVETELL(ベッテル、帯広)の池田哲平さんは、牛の健康管理・共通型電子カルテの開発、普及に取り組み、助成金は市内の黒毛和牛繁殖農場での実証実験に活用。

 農場スタッフによる病気の早期発見、獣医師の拘束時間の減少、発育改善などにより、導入効果は生後1カ月間の子牛1頭当たり2万円あったと説明。池田さんは「今後は記録やデータ取得の自動化などに取り組みたい」と述べた。

 この他、先進地視察やマーケティング調査に活用できる「十勝人チャレンジ支援事業補助金」に採択されたクラフトキッチン(上士幌)の齊藤肇(けい)さん、PonoWolves(帯広)の加藤拓さん、「アーリーステージ-」に採択されたSwing by(同)の山中大輔さん、フォレストデジタル(浦幌)の辻木勇二さんも報告した。

 2種類の支援事業は統合し、今年度から「とかちビジネスチャレンジ補助金」に。来年度は4月7日まで申請を受け付ける。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク