全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代松陽が堂々行進 選抜高校野球開会式

第95回選抜高校野球大会の開会式で入場行進する能代松陽の選手(甲子園球場で、時事)

 第95回記念選抜高校野球大会は18日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。午前9時開始予定だった開会式は雨のため10時30分に始まり、東北地区代表で初出場の能代松陽を含む代表36校の登録選手が入場行進。6番目に登場した能代松陽は大高有生主将(2年)を先頭に堂々と歩を進め、春の甲子園に初めて「能代松陽」の校名が響き渡った。能代松陽の初戦は、大会4日目の21日午前9時開始予定の2回戦第1試合。初出場の石橋(21世紀枠・栃木)と対戦する。

 記念大会のため例年より4校多い36校が出場。開会式は新型コロナウイルス感染拡大のため、これまで参加人数を制限するなどして行われてきた。能代松陽も出場した昨夏の全国高校野球選手権大会の開会式は急きょ主将のみが参加して行われたが、今大会は4年ぶりに出場校の選手全員が場内を1周する形で入場行進した。
 開会式は午前10時30分に始まり、大会テーマソングの演奏に合わせて昨年優勝の大阪桐蔭を先頭に前回大会準優勝の近江(滋賀)の主将が続いた。その後、北から南の順に残る35校が歩を進めた。
 普段の練習で行進の練習を欠かさず行っている能代松陽は、東北(宮城)に続いて6番目に登場。選抜旗を手にした大高主将を先頭に登録選手18人が引き締まった表情と元気な掛け声とともに、きびきびとした行進を披露した。
 出場校は右翼から本塁を経由して左翼へと進み、芝生の外野に横一列に並んだ後、選手が内野方向に一斉に歩き出した。
 優勝旗・優勝杯、準優勝旗返還の後、主催者や永岡桂子文部科学大臣があいさつ。高松商(香川)の横井亮太主将(2年)の「全身全霊でプレーし、勇気や感動を届けることで、支えてくださるすべての方に恩返しをしたい。この聖地、甲子園で全高校球児が1球に魂を込め、正々堂々戦い抜く」との選手宣誓で締めくくられた。
 能代松陽はこの日午後、大阪市内の野球場で練習に汗を流した。初陣に向けて着々と調整を図っている。
 大会は準々決勝と準決勝の翌日の休養日を挟み、31日まで熱戦を繰り広げる。雨天順延。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク