全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アマミヤマシギ海渡る 沖縄→奄美190㌔

沖縄島から奄美大島に渡ったことが確認されたアマミヤマシギ=1月9日、沖縄県国頭村(日本鳥類保護連盟提供)

 世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島や徳之島周辺だけで繁殖が確認されている希少な野鳥アマミヤマシギがこの冬、沖縄島から約190キロ離れた奄美大島に飛来したことが分かった。アマミヤマシギが海を渡ったのが確認されたのは初めて。調査を行ったNPO法人奄美野鳥の会は「調査を続けて渡りの生態の全容を明らかにしたい」としている。

 アマミヤマシギは全長約35センチのシギの仲間。奄美と沖縄の固有種。ずんぐりとした体形でくちばしが長いのが特徴。森林開発などで減少し、環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類。種の保存法の国内希少野生動植物種に指定して保護している。

 沖縄では冬季に少数の生息が確認されているが、繁殖の記録はなく、奄美との間をどのように移動しているのか分かっていなかった。

 調査は公益財団法人日本鳥類保護連盟と共同で2021年度から実施。沖縄島北部の大宜味村で22年12月8日に1羽、国頭村で今年1月9日に2羽の計3羽の雄に、それぞれGPS(全地球測位システム)発信器を装着して放した。

 国頭村で放した個体のうち、1羽は2月15日まで同村周辺で確認された後、海を渡ったとみられ、10日後の25日に奄美大島の奄美市住用町にいるのが確認された。

 アマミヤマシギは本土から奄美に冬鳥として渡来する近縁種のヤマシギと比べ、翼が丸みを帯びているため、長距離を飛ぶのに適していないという。

 奄美野鳥の会の鳥飼久裕副会長は「やんばる(沖縄島北部)には奄美の繁殖地から渡っているだろうと想像していたが、確信はなかった。ようやく証明できてうれしい」と喜び、「飛ぶのが苦手な鳥がなぜリスクを冒して渡るのか、渡るのはどんな個体なのか、興味は尽きない」と調査の進展に期待した。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク