全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ガレの名品100点紹介 北澤美術館開館40周年特別展 長野県諏訪市

開館40周年を記念した北澤美術館の特別展

 長野県諏訪市湖岸通りの北澤美術館は18日、開館40周年を記念した特別展「エミール・ガレ、自然への眼差し」を始めた。同館が所蔵するフランスのガラス工芸家エミール・ガレ(1846~1904年)の初期から晩年にかけての花瓶、ランプなど約100点を展示。草花や昆虫をモチーフとし、生命の躍動に迫る名品を紹介する。来年3月12日まで。

 北澤美術館は、キッツ(旧北沢バルブ)創業者の故北澤利男氏が1983年に設立。主に19世紀末のアール・ヌーボー期のガラス工芸1000点と、現代日本画200点を所蔵する。これまでに820万人を超える来館者を迎えた。

 会場には、野草をテーマにした初期の作品「春草に蝶文花瓶」、1894年のロレーヌ装飾美術展を飾った「ライラック文台付花瓶」、1900年パリ万博に出品した花瓶「アザミ」などの大作がそろう。

 キノコが描かれた「ひとよ茸文花瓶」は、森の空気感まで伝える作品。ガラスの層を重ねながら表面に彫刻を施す技法を駆使し、独自の自然観を表現した。植物学者でもあったガレの情熱が注がれている。

 この日は、記念式典と内覧会が開かれ、諏訪地方を中心に約50人が訪れた。関係者がテープカットをして節目を祝福。堀田康之理事長(67)は地域の支えに感謝し、「世界有数の作品を所蔵する。引き続き文化振興に役立て、今後100年の継続を願う」と述べた。

 関連イベントとして、5月27日に同館主席学芸員の池田まゆみさんの記念講演会「エミール・ガレ、科学の眼と詩人の心」、9月16日にきのこ愛好家とよ田キノ子さんのトークショー「きのこを通して見るガレ」を開く。

 開館時間は午前9時~午後5時(4~9月は同6時まで)。9月30日休館。入館料は大人1000円、中学生500円、小学生以下無料(諏訪地方6市町村在住者は5月13日~21日無料)。問い合わせは同館(電話0266・58・6000)へ。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク