全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那谷の昆虫食、新たな未来探る 長野県伊那市創造館で常設展

伊那市創造館で常設展となった展示「信州伊那谷昆蟲食博おかわり!」

 長野県伊那市創造館は、伊那谷の昆虫食を紹介する常設展「信州伊那谷昆蟲食博(こんちゅうしょくはく)おかわり!」を設置した。これまでに繰り広げた昆虫食の企画展の好評を受け、いつでも展示を見られるようにした。伝統的な昆虫食の価値を再認識しながら新たな魅力を見いだし、より豊かな食文化について考えてもらうのが狙いだ。

■文化庁が情報発信施設認定

 同館は2017年12月から数カ月間、企画展「大昆蟲食博」で伊那谷と東南アジアの昆虫食を紹介した。それを皮切りに、複数回にわたり関連展示や専門家を招いたシンポジウムを展開。県内外から学生や研究者、ファンなど大勢の人が来場した。

 これらの取り組みが評価され、同館は昨春、食文化の学びや体験を提供する博物館や施設などを文化庁がインターネット上で紹介する「食文化ミュージアム」の「食の体験・情報発信施設」の一つに認定された。同館での昆虫食とジビエ料理に関わる取り組みが紹介されている。

■上農生のザザムシ研究も

 認定を受け、同館は昨年8月、「大昆蟲食博RETURNS!(リターンズ)」を行った。今回は伊那谷を中心とした昆虫食に対象を絞り、内容を深めて展示した。▽イナゴ▽ザザムシ▽蜂の子▽蚕のサナギ▽ゴトウムシ-と伊那谷になじみ深い昆虫食の成り立ちや新たな取り組みなどを紹介。上伊那農業高校(南箕輪村)の生徒が過去に行ったザザムシの商品開発や人工繁殖実験も取り上げた。

 4カ月間で県内外から3000人以上が入場し、昆虫食を研究する小中高校生や大学生、大学教員も訪れたという。

■昨年の企画展内容を凝縮

 常設展は、昨夏の展示内容を凝縮して展示している。昆虫食は世界的に食糧危機への解決策の一つとして注目が集まっているが、「伊那谷には魅力的な昆虫食が古くからあり、問題解決に向けた消極的な選択肢の一つとして捉えてほしくない」と捧剛太館長。「昆虫食のニューウエーブともいえる動きに注目し、昆虫食をめぐる新しい未来を探っていきたい」と話した。  観覧無料。午前10 時~午後5時。休館は毎週火曜。問い合わせは同館(電話0265・72・6220)へ。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク