全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

4世代「卯年」 面会制限緩和でそろって笑顔 幕別

 幕別町在住の加藤愛子さん(47)に2月1日、孫の加藤星奈(せな)ちゃんが誕生した。自身に加え、母加藤洋子さん(72)、祖母岩田美智子さん(96)も卯(う)年生まれだけに、愛子さんは「私の子どもに卯年はいなかったが、孫が生まれて卯年の女性が4世代そろった。なんだか幸せになれるような気がする」と、えとの不思議な巡り合わせを喜んでいる。

特養で岩田さん(奥)とガラス越しながら面会し、勢ぞろいした卯年女性4世代。手前左から加藤洋子さん、星奈ちゃん、愛子さん

 愛子さんは帯広商工会議所青年部の前会長で着付け教室の講師を務める。生まれたばかりの星奈ちゃんは、愛子さんと同居する長男雄人さん(24)にとって初めての子ども。洋子さんも含めた3世帯が一緒に暮らしている。

 星奈ちゃんが生まれて1カ月半が過ぎた16日には、愛子さんら家族8人が岩田さんが入所している町内の特別養護老人ホーム札内寮を訪問した。

 新型コロナウイルス対策でこれまでは面会人数に制限があり、大人数で訪れたのは3年ぶり。ガラス越しながら玄孫(やしゃご、孫の孫)の星奈ちゃんと初めて対面した岩田さんは「あらまあ、かわいいね。みんなに会えて良かった」とうれしそうだった。

 洋子さんは「コロナ禍で面会制限が3年間続き、母はずっと寂しい思いをしていたはず。玄孫の顔を見て元気になってほしい」とし「今後は窓ガラスなしで直接会いたい」とより親密な家族の交流を望んでいた。

 岩田さんが以前縫った着物を着て訪れた愛子さんは「卯年の私はニンジンが好きだけど、母は嫌い。でも私も母も元気だった頃の祖母もウサギのようにフットワークが軽いところは似ているかも」と笑う。

 「おばあちゃんには100歳を目指してほしい。それぞれも元気で活動的に過ごせれば」と愛子さん。年女4人の健やかな未来に期待を寄せていた。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク