全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

自主夜間中学4月開校 学び直し、年齢や国籍問わず【宇部】

 

代表を務める中村さん(宇部日報社で)

宇部市内初の民間による夜間中学「山口自主夜間中学校宇部校」が4月1日、黒石ふれあいセンター内に開校する。年齢や性別、国籍、障害などにかかわらず、さまざまな理由で義務教育を受けられなかった人、過去に不登校だった人や現在不登校の子どもなどを対象に授業を行う。同校では、学び直しをしたい生徒やスタッフとしての協力者を随時募集している。

 代表を務めるのは、中村文健さん(52)=厚南妻崎開作=。会社員として勤める傍ら、昨年防府市に開校した自主夜間中学でボランティアをし、宇部市内にも同様の学び直しの場をつくりたいと一念発起した。

 公立夜間中学は、文部科学省が各都道府県に1校を設置するよう取り組みを促進しているが、現在の設置数は全国15都道府県に40校とまだ途上。山口県内に公立校は無く、宇部校は防府に続き県内2校目の自主夜間中学となる。

 中村さんはキャリアカウンセラーの資格を持ち、過去には専門学校で講師を務めるなど、もともと人に教えることが好きだった。防府校の活動に刺激を受け「残りの人生、自分らしく社会に役に立つことができたら」と立ち上げを決意。徐々に輪を広げ、将来の公立校設置の一助にもなればと展望する。

 授業料は無料で、個人のレベルに合わせた内容をマンツーマンで教える。毎月第1、3土曜の午後6~8時45分、45分3コマでの実施を予定している。

 中村さんは「勉強し直したいと考えている皆さんに、勇気を出して一歩を踏み出してほしい。またそうした人たちを手助けするために力を貸してもらえたら」と呼び掛けている。問い合わせは中村さん(電話080─6951─0976、メールyjychube2023@gmail.com)へ。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク