全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「一戦必勝」胸に 能代松陽高ナイン甲子園へ出発

センバツ甲子園の開幕が近づき、能代松陽の選手たちが関西に向けて出発(能代松陽高で)

 第95回記念選抜高校野球大会(18~31日・兵庫県西宮市の阪神甲子園球場)に初出場する能代松陽の選手らが15日、大会に向け出発した。保護者や教職員、地域住民らが見送る中、沖縄遠征帰りで日焼けした選手を乗せたバスが能代市緑町の同校を出発、秋田市の秋田空港から空路、宿舎がある大阪入りした。能代松陽の初戦は21日午前9時開始の2回戦第1試合で、石橋(21世紀枠・栃木)と対戦。大阪で最終調整を図り、初陣に挑む。

 能代松陽はセンバツ甲子園に向けて調整しようと、土を求めて今月2日から14日まで沖縄県に遠征。対外試合が解禁された4日から連日、沖縄水産や興南、浦添商といった甲子園経験校や日本ウェルネス沖縄など実力校と練習試合を計25試合実施、対戦成績は19勝6敗だった。能代松陽の選手たちは14日午後5時30分ごろ、帰校した。
 15日は午前9時に同校グラウンドで練習を開始。甲子園を控え、自校グラウンドでの最後の練習で、ティーバッティングやマシンを使った打撃練習に汗を流した。
 工藤明監督は「自信を付けることができた遠征だった」と沖縄遠征を総括。投手陣に負担をかけないよう全試合で継投策を取るなど本番を見据えて調整し、「けがもなく終えられた」と話した。
 大高有生主将(2年)も「懸念していた守備も試合を重ねるごとに安定し、打撃も冬場の振り込みの成果が出た。いい状態で大阪に行ける」と充実した様子。エース右腕の森岡大智(同)は「球のキレや伸びを意識して冬に取り組んだ成果を実感した。関西入りすると練習時間も限られるので、1分たりとも無駄にせず100%のコンディションで試合に臨めるようにしたい」と力を込めた。
 約2時間の練習の後、ナインが整列して大高主将が教職員や保護者、地域住民らに「日本一になれるように一戦必勝で頑張ってきます」とあいさつ。その後、登録選手18人と記録員やマネジャーら部員24人がバスに乗り込み、午前11時50分ごろに同校を出発した。
 チームは秋田空港から大阪入りし、大阪府守口市内の宿舎に到着した。16日は大商大堺などと最後の練習試合を行う。17日から練習を続け、初戦に臨む。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク