全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県と沖縄県が交流連携協定 観光、産業など包括的な協力促進

交流連携協定の協定書を交わした阿部知事と玉城知事(右)

 長野県と沖縄県は15日、包括的な交流連携協定を締結した。航空の定期運航を目指す観光誘客や産業振興、子ども・若者の交流、地球環境保全や健康長寿に関する取り組みなどについて、両県で協力して促進する内容。沖縄県の玉城デニー知事が長野県庁を訪れ、阿部守一知事と協定書を交わした。沖縄県とは長野県産品の販路開拓を通じて2019年から本格的な交流が始まった。観光関係の商談会やチャーター便の運航、子どもの交流、大学生の平和学習など、これまでの取り組みを拡充するほか、風土の違いを生かした農業技術の交流連携、健康長寿に関する情報共有なども新年度から始める。

 阿部知事は、アジア圏の物流拠点形成に取り組む沖縄県との連携で、世界とのつながりを強化できることにも期待。さらに「異なる文化や平和学習などで、沖縄の歴史や文化に学ぶことは多い」とし、修学旅行をはじめとした子どもや若者の交流にも力を入れる考えを示した。

 玉城知事も「アジアに近い地理的な優位性を生かしながら相乗効果のある取り組みができる」と産業面での効果に期待したほか、「あらゆる点でつながる可能性が生まれる環境を整えることができた」とし、教育、医療、福祉、観光など幅広い分野で官民問わず連携が広がることへの展望を語った。

 阿部知事は沖縄との定期便就航の可能性について、需要を航空会社にアピールするためにも「沖縄との間で交流を具体化し、常に人の往来が活発に行われる環境をつくっていきたい」と意気込んだ。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク