全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

観光客に釧路の牛乳PR 釧路空港でパネル展

釧路管内の牛乳、乳製品のパックなどを展示

 牛乳、乳製品の需要落ち込みやウクライナ情勢などによる飼料価格高騰で酪農経営が厳しい状況にあることから、釧路管内の農業関係機関が消費拡大に向けたパネル展を、釧路空港2階出発ロビーで行っている。

 パネル展では、釧路管内産の牛乳、乳製品のパッケージを展示しているほか、地域のチーズ工房マップ、ふるさと納税返礼品の乳製品紹介、牛乳購入に関するアンケートなどを行っている。また、30日からは牛乳パックで作ったジャンボ牛の展示、4月1日と2日には牛乳の無料配布を行う。釧路総合振興局と北海道農政事務所釧路地域拠点、ホクレン釧路支所、JA北海道中央会根釧支所、釧路農協連が連携し開催している。

 2014年ごろ起きたバター不足を契機に、国は牛の増頭対策を推進し、道内でも生乳生産量は大幅に増えた。しかし新型コロナウイルス感染症拡大の影響で一転して需要が減少。生乳を保存の利くバターや脱脂粉乳などに仕向けたが、現在も在庫が高い水準に積み上がっている。生産者が牛を淘汰(とうた)するなどにより生産抑制に取り組んだ結果、道内の1月の生乳生産量は35万㌧と前年同月比4・7%減(牛乳乳製品統計)に抑えたが、4月からの乳製品値上げや物価上昇などから、今後さらに消費量が減少することが懸念されるという。

 パネル展の事務局を務める同振興局では、「釧路を訪れる観光客に管内で生産された牛乳、乳製品の魅力を伝え、消費拡大につなげたい」と話している。展示は4月10日まで。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク