全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

史跡ジオラマ初公開 厚岸でチャシ跡、竪穴群特別展【厚岸】

 【厚岸】町海事記念館では4月9日まで、2022年度特別展「神岩チャシ跡および竪穴群」を開いている。道指定史跡でもあるチャシ跡と竪穴群のジオラマを初公開しており、土器や漁具、猟具など貴重な出土品を間近に見ることができる。(河辺由記子)

 同史跡は、厚岸湖の北岸と別寒辺牛川左岸の丘陵地に位置する約160㌶が指定されている。チャシとはアイヌ語で「とりで、館、柵囲い」の意味で、戦闘や祭(さい)祀(し)、談合、資源監視場などに使われたとみられている。

 厚岸のチャシ跡は壕(ごう)がなく頂部の平坦面を段で区画する構造が多く、壕と段の両方を持つものもある。町内では現在、27カ所のチャシ跡を確認している。道内でも珍しい古文書での記述やアイヌ民族とチャシに関する伝承が残ることも特徴に挙がる。

 同史跡は地形上、人の立ち入りが難しいことから町教育委員会では21年に現地調査や測量を行い、22年にジオラマを製作した。5000分の1の縮尺で、製作費は470万円。

 同史跡全体とその一部である別寒辺牛川河口の「チャチャカムイのチャシ跡」同川左岸の「丸山チャシ跡」の3台を展示し、厚岸湖を見渡す高台に幾つもの竪穴住居跡が残り、一大集落だった様子が見てとれる。

 会場では1965年と66、70年の同史跡調査時の写真パネルや発掘された続縄文期(1300~2300年前)の下田ノ沢式土器、狩猟に使用されたと見られる黒曜石の矢尻や金属製の手おの、釧路市立博物館所蔵で動物の骨を使った漁のための針やまな板など約100点が並ぶ。

 同館の小田島賢学芸員は「厚岸湖はカキなどの海産物が豊富で、古くから多くの人が利用していた。遺物やジオラマを通じ、厚岸を取り巻く人々の暮らしを知ってほしい」と話している。観覧無料。時間は午前9時~午後5時。22日と月曜休館。

史跡の全体像が分かるジオラマを初公開している会場

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク