全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

全日本学生児童発明くふう展で奨励賞 本間さん(朝三小5年)のホース洗浄装置

 鶴岡市立朝暘三小5年の本間結心果(ゆいか)さん(11)が考案した「ホース洗浄装置ぴかりん☆」が、公益社団法人発明協会の「第81回全日本学生児童発明くふう展」で奨励賞を受賞した。庭木の水やりの際、ホースについた土や砂をきれいに洗い流す装置を考え、高い評価を受けた。本間さんは「誰でも簡単に使えるよう工夫した。(奨励賞に選ばれて)とてもうれしい」と受賞の喜びを話した。

奨励賞を受賞した作品(写真)を見せる本間さん

 工作好きの本間さんは小学4年生の時、友人に誘われて鶴岡少年少女発明クラブ(鶴岡市大宝寺、村田透会長)に入った。ホースの洗浄装置を作ろうとしたのは昨年の夏。自宅の庭で母親が花に水を与えている姿を見て「巻き取ったホースをきれいにして、また気持ちよく使えるようにできればいいのにな」と思ったのがきっかけとなった。

 装置は巻き取り式のホースの上にノズルを取り付け水を出すと自動的に洗浄できるようにした。「第53回鶴岡田川地区児童生徒考案創作展」で秋山考案奨励賞を受賞。「第57回山形県発明くふう展」で特別賞(米沢市長賞)を受け、全日本学生児童発明くふう展に出品した。

 発明くふう展には計699点のアイデア作品が出され、審査の結果、恩賜記念賞1点、特別賞13点、奨励賞20点、入選123点が選ばれた。

 工夫した点について本間さんは「水が出る部分を最初は丸い穴にしたが、洗浄する面積を広げるため大きく斜めに空けてみたりして改良した。最終的な出来栄えは80点ぐらい。何よりもお母さんが『これは便利』と喜んでくれたのがうれしかった」と話した。

 4月から最上級生の6年生になるが「モノづくりは大好き。今後も普段の生活に役に立つようなものを考えて出品したい」と意気込みを見せた。

 全日本学生児童発明くふう展で入選した作品はこの後、全国の大型店などで展示されるという。

関連記事

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

黄金畑に堂々コンバイン 小麦 芽室で早くも収穫開始

 秋まき小麦の収穫が十勝管内で始まっている。今期は春以降、好天に恵まれて全域的に生育が順調。農業者からは「昨年よりさらに早い作業開始」との声も聞かれ、14日も、黄金色に輝く小麦畑をコンバインが...

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク