全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

建築甲子園2年連続奨励賞 苫工高定時制卒業の高橋さん

今月、苫小牧工業高校定時制建築科を卒業した高橋鉄三さん(69)=苫小牧市明野新町=が14日、岩倉博文市長を表敬訪問し、全国の高校生が建築設計のアイデアを競う「建築甲子園」で2021、22年度の2年連続で奨励賞を受賞したことを報告した。65歳からの学校生活を振り返り、「人生で一番勉強した4年間だった」と語った。

自ら設計した模型を前に製作過程や苦労を語る高橋さん

 高橋さんは夕張市出身。夕張工業高校機械科を卒業後に苫小牧に転居し、67歳までの49年間、王子エンジニアリングや王子工営北海道などで勤務した。

 王子工営で働いていた65歳の時、配属先が機械課から鉄骨課に変わり週3日勤務になったことで、余裕ができたため建築分野の勉強をしたい―と同校に入学。高橋さんは「4年間で15個くらい、検定試験を受験した」と言う。2級建築施工管理技士、建築CAD検定2級などに合格したほか、工業研究部に入り、コンテストでも活躍した。

 建築甲子園のテーマはいずれも「地域のくらし―これからの地区センター」で、21年度は建築科の生徒2人と共に、市住吉コミュニティセンターの改築案を発表。子どもと大人が寄り添える空間に―とコンピューターゲームで競い合う「eスポーツ」やボルダリングを楽しめる空間を設計した。

 22年度は同センターの建て替え案で、高橋さん個人で応募。50年後、苫小牧市の人口が25万人になればと願い、柔軟な働き方ができる育児サポートをメインに構想し、軽度急病センターや夜型保育所などを併設した。環境への配慮で太陽光発電や地中熱システムも取り入れ、地区予選で全国65校・117作品、全国大会34校の中から奨励賞に輝いた。

 高橋さんは「ベスト8に入れなかったのは残念だったが、建築甲子園で賞を頂けたのはうれしい」と笑顔。4年間の学生生活は「17、18歳と一緒に勉強できてエネルギーをもらえた」と語る。

 入学当初は「CAD(コンピューター利用設計システム)の扱いに苦労した」というが徐々に使いこなせるようになり、4年の卒業研究では木工機関車を設計、製作。「いい経験ができ、楽しかったがまだまだ道半ば。今後は2級建築士の資格を取りたい。仕事のオファーも待っている」と意欲を見せた。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク