全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

建築甲子園2年連続奨励賞 苫工高定時制卒業の高橋さん

今月、苫小牧工業高校定時制建築科を卒業した高橋鉄三さん(69)=苫小牧市明野新町=が14日、岩倉博文市長を表敬訪問し、全国の高校生が建築設計のアイデアを競う「建築甲子園」で2021、22年度の2年連続で奨励賞を受賞したことを報告した。65歳からの学校生活を振り返り、「人生で一番勉強した4年間だった」と語った。

自ら設計した模型を前に製作過程や苦労を語る高橋さん

 高橋さんは夕張市出身。夕張工業高校機械科を卒業後に苫小牧に転居し、67歳までの49年間、王子エンジニアリングや王子工営北海道などで勤務した。

 王子工営で働いていた65歳の時、配属先が機械課から鉄骨課に変わり週3日勤務になったことで、余裕ができたため建築分野の勉強をしたい―と同校に入学。高橋さんは「4年間で15個くらい、検定試験を受験した」と言う。2級建築施工管理技士、建築CAD検定2級などに合格したほか、工業研究部に入り、コンテストでも活躍した。

 建築甲子園のテーマはいずれも「地域のくらし―これからの地区センター」で、21年度は建築科の生徒2人と共に、市住吉コミュニティセンターの改築案を発表。子どもと大人が寄り添える空間に―とコンピューターゲームで競い合う「eスポーツ」やボルダリングを楽しめる空間を設計した。

 22年度は同センターの建て替え案で、高橋さん個人で応募。50年後、苫小牧市の人口が25万人になればと願い、柔軟な働き方ができる育児サポートをメインに構想し、軽度急病センターや夜型保育所などを併設した。環境への配慮で太陽光発電や地中熱システムも取り入れ、地区予選で全国65校・117作品、全国大会34校の中から奨励賞に輝いた。

 高橋さんは「ベスト8に入れなかったのは残念だったが、建築甲子園で賞を頂けたのはうれしい」と笑顔。4年間の学生生活は「17、18歳と一緒に勉強できてエネルギーをもらえた」と語る。

 入学当初は「CAD(コンピューター利用設計システム)の扱いに苦労した」というが徐々に使いこなせるようになり、4年の卒業研究では木工機関車を設計、製作。「いい経験ができ、楽しかったがまだまだ道半ば。今後は2級建築士の資格を取りたい。仕事のオファーも待っている」と意欲を見せた。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク