全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

市議会「意外と面白い」 田辺市、高校生らが初傍聴

田辺市議会の一般質問を傍聴する高校生ら(和歌山県田辺市議会議場で)

 4年に1度の統一地方選挙が迫っている。しかし、地方議会がどんな活動をしているかを知らない人も多い。そこで、本紙は高校生と一般に呼びかけ、和歌山県の田辺市議会の一般質問を傍聴してもらった。初めての議会は「意外と面白い」という反応が大半で、「授業に取り入れてほしい」「もっと早く来ていればよかった」との声が上がった。

 10日の一般質問では、田辺高校の生徒12人と一般2人がメモを取りながら、松上京子議員(無)の「中学校の校則見直し」、佐井昭子議員(公明)の「子ども、子育て支援」についての質問を聞いた。
 松上議員は靴下の色の指定など、時代にそぐわなかったり、根拠が分からなかったりする校則の見直しについて、佐井議員は「雨の日の遊び場」「18歳までの医療費無償化」などを取り上げた。
 田辺高校2年の橋本栞乃さんは「中学の時から校則に違和感を持つことはあった。こんな身近な問題を議会で話しているのは意外だった」と時折うなずきながらメモを取っていた。
 子育て支援の質問にも興味を持ったが「少子化の現状などを把握できていないので、もっと勉強していれば深く聞けたかもしれない。次回来ることがあれば、事前の準備もしたい」と話した。
 イラストレーターで子育て中の和田友子さん(42)=あけぼの=は「関心のある問題が取り上げられていて、面白かった。もっと早く足を運んでいればよかった」と難しいと思い込んでいた印象ががらりと変わったという。
 「議会は市民が市政に興味を持つきっかけになる。休日や夜間開催で議場に足を運びやすくしたり、リアルタイムで配信したりするともっと見てもらえるはず」と提案した。
 将来、国際関係や政治関連の学部に進学したいという田辺高2年の村上実咲さんは「質疑は分かりやすかった。行政が何をやっているかや、どんな課題があるか知ることは大事で、議会を聞く機会がもっと増えればいい。高校の探究学習でも取り入れてほしい」と話した。
 他にも「学校でも生徒会の要望に『検討したい』との返答があるが、進展しない。議会での『検討します』の答弁も本当に検討してもらえるのか」「普段使わない行政・議会用語が並ぶと分かりにくい」「質問に市民の声が反映されている。議会の意義を感じた」などの声があった。
 13日にも高校生4人が傍聴した。

関連記事

長野日報社

「ゆめひろば」イルミ点灯 長野県富士見町

 長野県富士見町中心部にある多目的交流広場「ゆめひろば富士見」で9日夜、イルミネーションの点灯が始まった。町商工会青年部が企画し、約3万5000個の発光ダイオード(LED)電飾を園内に装飾。カ...

豊橋出身・村井弦斎を朝ドラに

 明治時代のベストセラー小説「食道楽」で知られる村井弦斎(1863~1927年)をNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の主人公に選んでもらおうと、出身地の豊橋市と晩年まで過ごした神奈川県平塚市の顕彰グル...

釧路新聞社

願いを込めて縁起物作り 根室金刀比羅神社【根室】

 【根室】根室金刀比羅神社(前田穣宮司)の縁起物作りが最終盤を迎えている。9日には巫女(みこ)たちが願いを込めて縁起物作りに精を出した。  今年も初詣に向けた準備は11月から始まっており、準...

釧路新聞社

秋サケ漁獲伸びず 高水温影響、根室30%減、釧路11%増

 根室、釧路沿岸の秋サケ定置網漁が11月末までに終漁し、漁獲数量は根室管内が249万3000匹(前年比30%減)、釧路管内が48万3000匹(同11%増)となった。2022年は漁獲数量が前年の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク