全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

来年の演目は『青砥稿花紅彩画』 酒田・黒森歌舞伎「神撰の儀」で決める

 酒田市黒森地区に江戸時代中期から伝わる「黒森歌舞伎」で、来年2月に行われる正月公演の演目を決める「太夫振舞(たゆうぶるまい)」が12日、同地区の黒森日枝神社で行われ、若手役者による「神撰(しんせん)の儀」で、来年の演目は、「白浪五人男」として知られる盗賊5人組の活躍を描いた「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」に決まった。

水ごりで身を清める川島さん

 太夫振舞は、芝居奉納を受けた神社が役者らを招き開く宴(うたげ)。この中で、水ごりで身を清めた若者がご神体に代わって翌年の演目を選び出すのが「神撰の儀」。神事的芸能の要素を残す黒森歌舞伎独特の儀式として伝わる。

 今年の神撰者は、14歳で一座「妻堂連中」(五十嵐良弥座長)の研修生になり、昨年の総会の席上、座員として認められた若手役者の川島優史さん(21)=同市入船町、会社員。五十嵐座長によると、地区在住者以外が神撰者を務めるのは長い歴史の中で初めてという。

 川島さんは神社でおはらいを受けた後、白い下ばき一つの姿で社殿を出て境内の井戸で水ごり。手桶で7杯半の冷水を浴びて身を清め、再び神前に正座。竹の棒に付けたこよりで、一升ますの米の上に置かれた演目候補のくじ3本から1本のくじを引き寄せた。川島さんは「大役を務めさせてもらい、ありがたい。これで神様から座員として認められたかな」と話した。

演目が書かれたくじを引き寄せ、来年の演目は「青砥稿花紅彩画」に決定

 来年の演目「青砥稿花紅彩画」は、日本駄右衛門と弁天小僧菊之助、南郷力丸、赤星十三郎、忠信利平の盗賊5人組の活躍を描いたおなじみの作品。弁天小僧の「知らざあいって聞かせやしょう」という名台詞で有名な「雪ノ下浜松屋見世先の場」、五人がそろって名乗りを上げる「稲瀬川勢揃いの場」の2幕を上演する。特に「浜松屋」は黒森歌舞伎としては初演で、五十嵐座長は「これから脚本を起こさないといけない。新しいことに挑戦して常に前に進みたい」と語った。

 五十嵐座長によると、来年の少年歌舞伎は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」のうち「吉田社頭車引の場」を演じるという。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク