全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新作パン来場者が審査 帯広・満寿屋商店開発コン1位は…

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)が同社のパン職人を対象にした新商品開発コンテスト「ますやカップ2023」で、管内農家のブルーベリー、ラズベリージャムを使った「コキーユ ベリー&チーズ」が1位に輝いた。

優勝した「あつまれ!とかちの森」の(左から)横山さん、新良さん、松田さん

「コキーユ ベリー&チーズ」頂点に
 職人のパン製造技術向上と、商品開発への思いを消費者に知ってもらう大会。3年ごとに開催していたが、コロナ禍の影響で延期されていたため5年ぶりの開催。今回は4チームが「全粒粉100%」や「管内農場の自家製ジャム」、「野菜だけのバーガー」などこだわりの詰まったパン8種類をエントリーした。

 2月23日、音更町の「道の駅おとふけ」で決勝戦が開かれ、350人の来場者が審査員として投票。6種類を選び、見た目や味、売り場づくりなど3項目を計15点満点で採点し、今月3日に結果が発表された。

 1位の商品は、チーム「あつまれ!とかちの森」の新良貴靖子さん、松田美香さん、横山実乃李さんの3人が開発。サクサクとした生地と、ジャムとクリームチーズの相性が来場客や審査員から評価された。

1位に輝いた「コキーユ ベリー&チーズ」

 3人は「周囲の店員のサポートもあって作れた。実感が湧かないが、とてもうれしい」と話した。

 小学4年生の娘2人と訪れた市内の岡田五十鈴(いすず)さん(43)は「どのパンもおいしそうで選べず、パン選びは子どもに任せた」と話す。娘(10)は「チキンカレーのパンなどがおいしそう。(選ぶのが)楽しかった」と笑顔を見せた。

 一部のパンは商品化される予定。

関連記事

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

自慢のしょうゆラーメン食べに来て! 新得・みうら商店 9日に町中華店オー..

 新得町で食品製造・販売業を営む「みうら商店」が、9日に中華料理店をオープンする。腕を振るうのは道外のラーメン店で修業経験がある三浦貴宏社長(50)。長年、夢見てきた地元での飲食店開業を目前にし、...

長野日報社

古民家改修のパン店「ちゃるら」 のんびりした時間を過ごして

長野県伊那市長谷黒河内にパン店「ちゃるら」がオープンした。愛知県から移住した古川浩二さん(57)が、築130年ほどの古民家を改修して営む。「ちゃるら」はスペイン語でおしゃべり、雑談の意味。古川...

長野日報社

個性や思いを焙煎で表現 中米産コーヒー専門店オープン 長野県伊那市富県

長野県伊那市富県上新山に中米産コーヒーの専門店「ヤマワラウコーヒーロースター」がオープンした。入江信文さん(38)、春菜さん(32)夫妻が空き家を購入し、焙煎室を併設した小さなカフェに改修。コ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク