全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

下水汚泥など資源活用技術に理解 循環型農業の勉強会 長野県富士見町

釜無川沿いにある「リバークリーン富士見」の場内を見学する「じゅんかん育ち」の生産者ら=7日、富士見町先能

 長野県富士見町机の合同会社つくえラボは7日、下水道由来肥料を使った循環型農業「じゅんかん育ち」の勉強会で、町単独公共下水道リバークリーン富士見(先能)と、生ごみや下水汚泥などを原料に堆肥をつくる長和町の施設の視察ツアーを開いた。生産者を中心に町内外の14人が参加。下水汚泥などの未利用資源を有効活用する技術や、安全性と品質の確保に向けた各施設の取り組みに理解を深めた。

 つくえラボは、福祉と農業を軸に誰もが活躍する地域づくりを目指して活動。住民と一緒に「じゅんかん育ち」の米や野菜を育て、同ブランド名で販売している。一昨年からはリバークリーン富士見の処理過程で生じた下水汚泥も使って製造される汚泥発酵肥料を用いている。

 同施設では町上下水道課と運転管理を受託する県下水道公社の職員が下水の処理過程を説明、場内を案内した。重金属については「排出段階に加え、場内で最低2工程の検査をする。肥料になる段階での検査もある」として3重・4重のチェックで安全性を担保していると伝えた。

 下水汚泥には肥料の主成分となる窒素やリン、カリが含まれる。ラボの馬淵沙織さんは「原料のほとんどは輸入に頼っている」と説明。下水汚泥の他に、放置竹林の竹や家畜のふん尿、もみ殻、ぬかなどを挙げ、これらの「地域未利用資源」を有効活用して循環型の社会・経済をつくる必要性を強調していた。

 汚泥発酵肥料でトマトやキュウリ、町特産のルバーブを育てる高柳昇さん(80)=同町富士見台=は「この春で3年目を迎えるが、作物の育ちもいい。資源循環や堆肥化がどういう形で行われるか実際に目で見て学びたい」。一行はバスで移動し、長和町の生ごみ堆肥化施設を見学した。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク