全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地元産の二条大麦「小春二条」原料 ウイスキーの仕込み始まる 長野県

粉砕用の機械に投入される地元産の二条大麦「小春二条」の麦芽

 長野県駒ケ根市と宮田村で栽培した二条大麦「小春二条」を原料としたウイスキーの仕込み作業が同村新田の「本坊酒造マルス信州蒸溜所」で始まっている。6次産業化の取り組みとして両市村や酒造会社、JA上伊那などが進めるプロジェクトの一環。地元産二条大麦のみを使ったウイスキー造りは4年目となる。今年は前年を8トン上回る約22トンの麦芽を用意し、17日まで仕込み作業を行う。

 農産物の6次産業化や水田の新たな転作作物を探る中、2015年度に始まった二条大麦の栽培。両市村で「小春二条」の試験栽培を開始し、収穫した麦を原料に17年から地ビール「宝剣岳Ale(エール)」の醸造、20年からモルトウイスキー造りに取り組んでいる。

 4年目の仕込みは2月28日にスタート。麦芽の量が増えたことから、18回に分けて仕込みを行う。昨年6月に収穫した二条大麦の麦芽は専用の機械で粉砕され、お湯と混ぜて糖化。その後、ろ過した麦汁は発酵、蒸留を経てたる詰めされる。

 製造主任の佐々木雄介さん(38)は「今年は粒がそろっていて大きい」と麦芽の出来に太鼓判。「上伊那産の麦らしさを感じることができるように仕込みたい」と話していた。たる詰め後は3年以上熟成され、700ミリリットル瓶換算で約2万本のウイスキーに仕上がる見通しだ。

 市農林課によると、昨年は両市村で14農家が約1021アールの農地で二条大麦を栽培し、約29トンを収穫した。今年は15農家が約1040アールで栽培。生育は順調に進んでいるといい、約31トンの収穫を見込んでいる。

関連記事

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク