全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

道の駅「信州蔦木宿」 来場者数増目指し新コンセプトづくりへ 長野県富士見町

新年度予定する事業の中で新たなコンセプトづくりをする道の駅「信州蔦木宿」

長野県富士見町は6日、新年度予定している道の駅「信州蔦木宿」の再整備計画検討事業の詳細を示した。直売施設の拡張に向けての調査は明らかになっているが、他に客層分析と新たなコンセプトづくりを進めると報告。信州、富士見町の「玄関口」に立地することを踏まえながら特徴を打ち出し、接客の質をより高めて年間来場者数を現状の24万人から33万人に増やすとした。

町議会3月定例会一般質問での答弁。県境に近い国道20号沿いにある同道の駅について、植松聖久産業課長は「玄関口であることは信州蔦木宿の武器になる。来場者のニーズをつかみ、特徴的なコンセプトを決定していきながら直売施設の拡張方法や再整備を考えていきたい」と説明。売店では現在酒類は取り扱っていないが、運営する地元協議会からは信州の地酒が集まる店づくりの要望も受けているという。

来場者の滞在時間を延ばすために「休憩施設の充実も必要」との認識を示した。指定管理制度で地元住民でつくる協議会に引き続き委託し「町と協議会が一体となって運営し、施設面だけでなく、接客や集客面の強化も図る」と改めて強調。温かなおもてなしを売りにして、高齢者が生き生きと働く観光拠点にしたい考えを示した。

一般質問では、釜無川沿いの環境を生かし「キャンプ場を併設してはどうか」との提案があったが、「長期的な視点での検討が必要」とした。

同じく地元協議会が運営母体の「そば処おっこと亭」に関して、名取重治町長は「業務用真空包装機を導入し、おっこと亭の生そばを自宅でも楽しめるよう通信販売を拡大していく」と語った。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク