全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

創建2050年奉祝式年大祭始まる 熊野本宮大社

御創建2050年奉祝式年大祭奉告祭を祝って浦安の舞を奉納するみこ(11日、田辺市本宮町で)

 和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で11日、「御創建2050年奉祝式年大祭」が始まった。同日午前、関係者約40人が参列して奉告祭を営んだ。式年大祭は15日まで。期間中さまざまな神事や奉納行事がある。  熊野本宮大社は崇神天皇65年(紀元前33年)、旧社地・大斎原(おおゆのはら)にあったイチイの大木に、熊野三所権現が三体月となって降臨したのが始まりとされている。毎年4月13~15日に例大祭を営んでいるが、今年は11~15日を式年大祭と位置付けるほか、一年を通じて関連行事を計画している。  奉告祭では、神職が祝詞を奏上。みこが浦安の舞を奉納し、参列者が玉串をささげるなどした。  九鬼宮司は「待ちに待った2050年の初日で、緊張の中にもワクワクする気持ち。より一層、熊野本宮大社が輝き、多くの方の心のよりどころの社となるよう、よろしくお願いしたい」とあいさつ。  各種団体でつくる式年大祭推進協議会の榎本長治会長も「全国から参拝に来られる皆さんに喜んでいただき、熊野の大神様のご加護がさらに威力が増しますよう、2050年に立ち会える感激を胸にご奉仕をいただきたい」と呼び掛けた。  この日は、八咫烏(やたがらす)の像を金色にした「八咫(やた)ポスト」の除幕式や歌唱奉納もあった。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク