全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠城の戦いたどる 長野県伊那市高遠町で「劇場型」ツアー

戦いに敗れ、自害するため桜雲橋を渡る仁科五郎盛信。ツアー参加者が様子を見守った

 戦国時代の1582(天正10)年3月2日に高遠城(現長野県伊那市高遠町の高遠城址公園)で武田氏と織田氏が激突した古戦場をたどるツアーが2日、同地で開かれた。武将らのやりとりを再現した寸劇などを交えた「劇場型歴史探訪ツアー」。県内から参加した25人はタイムスリップした気分で展開を見守り、忠義をささげて散っていった武士たちに思いをはせていた。

 ツアーは、伊那市観光協会と伊那谷ツーリズムによる取り組みで「タイムトラベルツアー~血戦!3月2日高遠城運命の一日~」と銘打った。高遠城の戦いの「合戦印」販売記念。観桜期以外にも高遠の魅力を発信する通年観光の素材として定着化を図る。

 高遠城は当時、武田信玄の5男・仁科五郎盛信が守り、勢力を伸ばす織田氏を迎え撃った。ツアーは戦いを時系列でたどる形で進み、関連する城址公園内の各所を訪ねた。

 ツアーが始まると、歴史上の人物に扮した演者が随所に登場した。勘助曲輪では、武田家臣で高遠城の改修に携わったとされる山本勘助が城の特徴を解説。高遠閣に移ると織田の攻撃を前に盛信が家臣らを激励、南口では織田軍総大将・織田信忠(信長嫡男)が戦闘の手順を確認―というように当時の一こまを切り取ったような迫真のドラマが続いた。終盤、敗れた盛信は桜雲橋を渡り、その場で自害。最期の言葉を語る姿に観客らもじっと見入っていた。

 竹松宏之さん(59)=伊那市富県=は「戦場の様子が分かり、大変勉強になった。普通の案内だけでなく、臨場感のある観光ができると楽しい」と話していた。

 案内役で出演した同市観光協会の丸山舞さんは「目や音で感じて当時の様子を思い浮かべやすかったと思う。演者さんの迫力ある声や振りに歓声を上げてもらいうれしかった」。古戦場としての高遠城の魅力に触れ「年間を通して足を運んでいただきたい」としていた。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク