全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山陽小野田市で江戸時代からの土手祭り

雑草に火を付ける参加者(高泊後潟で)

山口県山陽小野田市高泊の後潟に江戸時代から伝わる「土手まつり」は12日、厚狭川の堤防沿いで開かれた。後潟上、後潟下、黒葉山の3地区から30人が参加。約400メートル区間に生えた雑草に火をつけて焼き払い、地域安全を祈願した。同まつり保存会(竹本克巳会長)主催。

 田畑が広がる後潟開作は1750年代に護岸工事で海の水をせき止めて整備された土地。同まつりは、雑草に隠れている害虫を駆除して豊作を願おうと始まった。整備当初は、堤防部分を足で踏みしめて決壊しないようにの思いも込められた。

 参加者は日没後、堤防の中央にある排水機場近くに集合。竹本会長からまつりの由来と意義の説明を受け、土手部分に組んだやぐらに点火した。たいまつを手に、二手に分かれて次々と火を付けながら、生い茂る雑草の中を進んだ。辺りは炎と煙に包み込まれ、幻想的な光景が広がった。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク