全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

出場者、本番向け調整 石垣島トライアスロン大会

1週間後の大会向け調整するトライアスリートら=8日午後、市新川

 石垣島トライアスロン大会2018(同実行委員会主催、石垣市など共催)は15日の開催まで1週間を切り、島内では、コースとなる道路沿いに交通規制の予告看板が設置され、トライアスリートらが本番に向けての調整に精を出す姿が見られた。  大会はスイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロの計51・5キロ。エントリー総数は、昨年の1050人より105人多い1155人。エイジ部門に954人(昨年855人)、うち地元は86人(同83人)。3人一組のリレー部門に67組201人(同65組195人)。海外からも13人(同11人)がエントリーしている。  コースは、スイムが南ぬ浜町人工ビーチ、バイクは八島町から東回りに南ぬ島石垣空港を北上し、名蔵海岸線に抜けるコース。ランは交通機関への配慮と大会の盛り上げを図るため、新栄公園に市民の応援や観戦スペースを確保して、八島町から新栄公園まで市役所前通りを約3周回するコースに変更されている。  大会事務局によると、大会は17年に参加枠を600組強から1000組強に広げており、今大会は、昨年12月1日のエントリー開始から数週間で定員に達したため、予定より早く応募を打ち切った。今後も医療サポートやコース内容などで大会の安全性を確保した上で段階的に枠を拡大していく方針。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク