全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤公園のペリカン、久しぶりの自然繁殖

島で順調に成長するハイイロペリカンのひな(常盤公園で)

 常盤公園のペリカン島で、ハイイロペリカンとモモイロペリカンのひな各1羽が順調に育っている。島での自然繁殖は、2011年2月に発生した高病原性鳥インフルエンザ対策として翌年11月に島に防鳥ネットが設置されて以来、どちらの種も初めて。  ネットの設置工事に伴う移動などでペリカンの事故死が相次ぎ、さらに病死も多発。インフル発生前は40羽以上いたが、現在は18羽(ハイイロとモモイロの成鳥各8羽と、ひな各1羽)にとどまっている。一連の騒動でペリカンたちは巣作り行動をしなくなっていたが、昨年初夏に、騒ぎ以来初となるハイイロとモモイロ各2羽の計4羽が人工ふ化・保育で誕生。しかし、ハイイロは2羽とも死に、モモイロの1羽は同園から飛んで逃げてしまって、もう1羽のモモイロだけが育った(逃げたモモイロは野生化していると思われるが情報なし)。  ハイイロは先月下旬、12歳のオデッサと19歳のラブの間に、モモイロは6月24日、29歳のソールと19歳のヤナの間にそれぞれ生まれた。ひなの性別は不明。どちらも大きさは親とほぼ変わらないまでに成長し、ハイイロの体は白っぽい柔らかな毛、モモイロは黒い幼毛に覆われている。飼育員の木村嘉孝さんは「親鳥がアジを食べて吐き出したものを、ひなのくちばしの中に直接与えるなど、上手に子育てしているので任せている。島がよく見える位置に双眼鏡を常時置いているので、子育ての様子やひなの成長を観察してみてほしい」と話している。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク