全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

ワカサギ穴釣りの魅力知って 三種町の同好会が体験小屋設置

試験運用している体験小屋で釣りをする関係者

 三種町内のワカサギ釣り愛好者で組織する「三種公魚釣同好会」は、同町鹿渡の八郎潟東部承水路の氷上に、穴釣り用の体験小屋を設置した。今季は関係者が試験運用し、来季は貸し出しを検討。同好会は、ワカサギの氷上穴釣りができる東部承水路を貴重な観光資源と受け止めており、初心者などが氷上穴釣りを満喫できるように体験小屋を今後利用していきたい考えだ。

 三種公魚釣同好会は、八郎潟東部承水路でのワカサギの氷上穴釣りを観光資源として有効活用しようと昨年1月に町内の愛好者6人で立ち上げた。東部承水路には氷上穴釣りを目的に東北各県などから毎年多くの人が訪れるが、現地は釣り場として管理されているわけでなく、同好会は安全対策や来訪者の対応など環境整備に励んでいる。
 同好会を主宰する児玉善樹さん(57)は「初心者やテントを持たない人などに体験してもらい、ワカサギの氷上穴釣りへの関心を高めてほしい」と考え、体験小屋の製作を進めた。
 体験小屋は幅約2㍍、奥行き約3㍍、高さ約1・8㍍で、大人3人が入れる。重量は約200㌔。型枠に秋田杉、壁は軽量なポリプロピレン製の板を使用している。小屋内での暖房器具の使用を想定し、通気口を設けている。
 体験小屋は4日午前に氷上に設置。5日は児玉さんから手ほどきを受けながら氷上穴釣りに挑戦する関係者の姿が見られ、風や寒さをそれほど感じられない快適な環境でワカサギを釣り上げ、笑顔を見せていた。
 同好会によると、今季は試験運用し、体験小屋の有効性を実証する。来季に向け、大人2人が入れる大きさの体験小屋を2棟ほど製作し、竿(さお)や餌などの道具一式と合わせた貸し出しを検討していく。
 児玉さんは「体験小屋は釣りを楽しむためのものではあるが、転落事故の発生など有事の際は避難場所としても役立てる」と話している。
 東部承水路の現在の氷の厚さは約20㌢。ワカサギの氷上穴釣りは盛期を迎えており、5日は午前11時の時点で70ほどのテントが張られ、この時期ならではのアクティビティーを楽しんでいた。
 氷の状態は天候によって変化が生じるため、転落事故を未然に防ぐ観点から釣り穴への目印設置や帰宅時の穴埋め、ライフジャケットの着用が求められている。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク