全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

犬ぞりで雪上駆け抜ける 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰高原でイベント

多くの愛犬家が愛犬と一緒に犬ぞりを楽しんだ「新犬ぞり物語」=諏訪市郊外の霧ケ峰高原

 冬のドッグスポーツを楽しむイベント「新犬ぞり物語」が4、5の両日、長野県諏訪市郊外の霧ケ峰高原で開かれている。愛犬家でつくる一般社団法人「霧ケ峰ドッグ倶楽部」(同市)が、ドッグスポーツの普及に取り組むドグタウン工房(群馬県利根郡昭和村)と共催して初めて開いた。北海道から九州までの愛犬家80チームが参加し、愛犬と雪上を駆け抜けて楽しんだ。

 同クラブは昨年1月、会員制クラブとして発足。長年、警察犬の訓練犬の審査会が開かれてきた霧ケ峰を、犬と愛犬家が集うリゾート地にしようと、ドッグラン整備などに取り組む。

 イベントには2日間で190チーム、約300頭の犬が参加した。犬種はボーダーコリーやウィペット、グレーハウンドなど中大型犬が中心。プレーヤー1人が乗ったそりを犬が引き、60~1500メートルのコースでタイムを競った。ドグタウン工房によると、霧ケ峰の雪質は柔らかくよく冷えており、犬ぞりに適している。

 犬たちはスタートの合図と同時に勢いよく駆け出し、力強い走りでプレーヤーが乗ったそりを引いた。何頭かでチームを組み、息を合わせて進み、ゴールすると観客からは「ナイスラン」と歓声が上がった。

 埼玉県から参加した酒井貴美子さん、葉南さん親子は「岩手や北海道での犬ぞり大会はあったが、霧ケ峰は埼玉から近くて雪質もいい」「犬もプレーヤーも楽しいイベント」と話していた。

 ドグタウン工房の平井寧代表は「これほど犬ぞりに適した場所は本州では珍しい。来年も開きたい」と話していた。

関連記事

水中駅伝で水しぶき 下地与那覇湾 干潟でユニーク競技 5年ぶりサニツ浜カー..

 宮古島市下地の与那覇湾(通称サニツ浜)の広大な干潟を舞台に、水中駅伝や綱引きなどのユニークな競技を行う「第30回サニツ浜カーニバル」(主催・東急ホテル&リゾーツ、宮古島来間リゾートシーウッドホテル...

北羽新報社

全国のトップ花火師 節目を彩る 第20回「港まつり能代の花火」

 能代の夏の風物詩の一つ「港まつり能代の花火」が20日夜、能代市の能代港下浜埠頭(ふとう)で開かれ、夜空にスターマイン(速射連発花火)など約1万5千発の大輪を打ち上げた。20回の節目を記念して、大仙...

人工育雛成功の「亜種アカモズ」公開 のんほいパーク

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は、昨夏に国内で初めて人工育雛(いくすう)に成功した絶滅危惧種「亜種アカモズ」を園内で公開している。分散飼育で譲った個体を除く3羽を飼育中で、野外適応に取り組...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク