全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

山の恵みに感謝し一歩ずつ 月山にも大勢の登山者

「山の日」に月山で木道の散策や登山を楽しむ人たち=11日午前7時半ごろ

 昨年から制定された国民の祝日「山の日」の11日、庄内地方は暑さも和らぎ、登山日和となった。各地の山々ではトレッキングを楽しむ夫婦や家族連れの姿が見られ、出羽三山の主峰・月山(1984メートル)では8合目の木道で散策を楽しむ人などでにぎわった。

 山の日は、日本山岳協会などの運動を背景に、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として改正祝日法が制定され、昨年初めて施行。わが国16番目の祝日となった。

 「日本遺産」にもなっている月山では、早朝から8合目の駐車場に庄内ナンバーをはじめ新潟、宮城の隣県のほか、大阪、那須といった遠方のナンバーが並んだ。朝のうちはガスがかかったものの、時折真っ青な空が広がり、眼下に庄内平野を見渡す風景が広がった。本格的な登山者に加えて、池塘(ちとう)が点在する8合目の弥陀ケ原湿原の木道を散策したり、中の宮の参籠所までお参りするなど思い思いに楽しんでいた。7月31日からフェリーで秋田港に入って、自家用車で東北の夏祭り見物などを夫婦2人旅で楽しんでいる兵庫県芦屋市の西村治雄さん(73)は「『山の日』は月山へ。この3日間で出羽三山を回る予定。景色もきれいでゆっくり山頂を目指したい」と話していた。

 山の日を初日にした3連休中日となる12日(土)は、8合目駐車場の混雑緩和対策として、県庄内総合支庁などが午前6時から午後3時までの時間帯でマイカー規制を呼び掛け、シャトルバスを運行する社会実験を実施。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク