全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熱海で3年ぶり梅サミット

全国梅サミットで世界農業遺産などについて紹介する小谷芳正みなべ町長(静岡県熱海市で)

 第28回「全国梅サミット」(全国梅サミット協議会主催)が27、28の両日、静岡県熱海市であった。みなべ町など全国13の加盟市町から関係者が集まり、梅産地の発展に向け情報や意見を交換したり、交流したりした。
 協議会は梅を資源とする市町が、情報交換や人的交流により梅を生かした観光文化の振興や関連産業の発展を図り、地域振興に寄与することを目的に1997年に結成。毎年持ち回りでサミットは開いてきたが、過去2年間、コロナ禍により中止したことから3年ぶりの開催。日本一の梅の産地であるみなべ町からは、小谷芳正町長やうめ課の平喜之課長らが出席した。
 初日には「梅によるまちづくりの可能性について」をテーマに首長会議を開催。各市町の首長が、地域の歴史や取り組み、今後のサミット協議会の役割などについて述べた。
 小谷町長は、世界農業遺産の認定が世界で22カ国67地域、日本では13地域に広がっていることを取り上げ、その一つであるみなべ町と田辺市の「みなべ・田辺の梅システム」の魅力とともに、安定生産をするための対策や耕作放棄地での植樹、健康機能性の情報発信などを続け、次世代に継承していくための保全に取り組んでいることなどを紹介した。
 さらに2024年度にサミット開催が30回になることから、節目として記念イベントを開いてPRすることを提案した。
 その他の各首長からは「みなべ町を中心に、研究を基に梅の機能性について根拠を示し情報発信してくれていることに感謝している。新型コロナウイルス(の感染や増殖の抑制)についても引き続き研究をお願いしたい」「各梅林で、他の梅林の商品を販売したり、PRブースを設けたりして交流してはどうか」「加盟市町のセット販売などコラボ商品を検討してはどうか」といった意見が出た。
 首長らは、初日には講演会や特産品の抽選会、糸川遊歩道の視察、2日目には熱海梅園を視察し、園内で記念植樹をした。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク