全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤丸 きょう閉店 奮闘122年 中心部盛り上げ

 道内地場資本唯一の百貨店・藤丸(帯広市、藤本長章社長)が31日に閉店する。創業から122年余り、常に帯広・十勝の中心部の核施設として地域経済をけん引してきた。近年は売り上げ減が続いており、昨夏に閉店の方針を決定。営業最後の日も売り尽くしセールや別れを惜しむ来店者らが多く訪れた。

営業最終日、閉店セールでにぎわう藤丸店内

 藤丸は1900年創業。30年に百貨店を運営。現建物は再開発事業で82年から営業。92年には145億円を売り上げたが、2000年代に入ると、大型郊外店やネット通販の台頭などで売り上げが減少、22年はピーク時の3分の1以下の45億9600万円で8期連続の赤字。昨年7月に閉店方針を出し、同8月から閉店セールを展開してきた。

 この日は開店前から150人以上が集まった。開店時には、創業120周年時に商品化した藤丸カラーのネクタイを締めた藤本社長らが「最後の日となりました。いらっしゃいませ」などと来店客を出迎えた。

 地下の揚げたてかまぼこ販売「かま栄」は行列が絶えなかったほか、買い物客限定1000人に贈呈された記念清酒も午前11時すぎになくなった。すでに品薄の売り場も多く、買い物客らは品定めしながら商品を購入していた。この日が誕生日の市内の池田絹子さん(70)は「たくさん買い物して帰りたい」と話し、藤本社長と記念撮影をしていた。

 藤本社長は「明日からは出迎えができないと思うと寂しいが、感謝の気持ちでいっぱい。きょうは皆さんと思い出をつくりたい」と話した。午後7時からは閉店セレモニーに臨む。

 現藤丸の閉店後、帯広日産自動車の親会社の村松ホールディングス(帯広市)と地方創生ベンチャー・そら(同)が昨年末に設立した新会社・藤丸株式会社(村松一樹社長)が最短で1年後、現施設を使い規模を縮小した形での営業再開を目指している。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク