全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧景雲、全中アイホ連覇 3年ぶり大会で歓喜【釧路】

全国大会連覇を成し遂げた釧景雲

 【日光】釧路市立景雲中学校が30日、日光霧降アイスアリーナで行われた、第43回全国中学校アイスホッケー大会(全国中体連など主催)の決勝で、全十勝Cを4―2で破り、4度目の全国制覇を果たした。おととし、昨年の新型コロナウイルスによる大会中断を挟んで連覇を達成した。

釧景雲は、全道大会3位で、釧路勢唯一の出場校として参戦。28日の1回戦で神奈川県選抜に7─2、一日2試合を戦った29日は準々決勝で日光東を11─4、準決勝で東京都選抜を11─1で破り、危なげなく決勝へと駒を進めた。決勝でぶつかる全十勝Cには、全道大会準決勝で敗れており、雪辱を期して挑んだ。

 試合は、第2ピリオド5分にFW伊東修吾(3年)の先制点で流れに乗り、一時は2─0としたが、第3ピリオド立ち上がりに連続失点、試合を振り出しに戻された。嫌な雰囲気となったが10分、DF朝國源(3年)の長距離砲で勝ち越すと、18分にFW北原汰一(3年)が追加点を挙げ、勝利を収めた。

 2020年に引き続いて2度目の優勝監督となった黒澤美里監督は「釧路からは1チームだけの出場。釧路の思いを全部背負って戦い抜けた」と釧路からの応援に感謝した。コロナ禍の影響で、3年生にとっては最初で最後の全中となったが「個性的な3年生でまとまるまで時間がかかったけど、頼もしい姿を見せてくれた」と頑張りをたたえた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク