全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

厳冬期のアサリ漁 歯舞漁協で手掘り解禁【根室】

3年ぶりに結氷したトーサムポロ沼でのアサリ手掘り漁

 【根室】根室半島の厳寒期の風物詩となっている歯舞漁協の「アサリ手掘り漁」が30日から始まった。今年は前年より3日遅い26日の解禁だったが、氷の状態などから5日目の初出漁となり、歯舞アサリ部会(長山吉博部会長)の漁業者9人が、3年ぶりに結氷した湖面の氷と格闘しながらアサリを採取した。

 納沙布岬にほど近い最東端の漁場で、海水と真水が混ざる汽水湖のトーサムポロ沼で行うアサリ手堀り漁は、試験操業を含め1970年から行われており、コンブ漁業者の冬場の貴重な収入源。漁期は4月上旬までで、前年の資源調査の結果から漁獲許容量は19㌧に設定された。

 操業が始まった午後2時ごろの根室の気温は氷点下4度。穏やかな日和の中、10㌢ほどと氷の薄い場所で操業。防寒着を身に着けた漁業者は体重をかけたり、つるはしやチェーンソーなどを使って氷を割りながら「チリトリ」と呼ばれる漁具とくわを使って、出荷サイズの35㍉以上のアサリを採取した。

 漁業者は「氷があるので漁がやりずらく、量的にはそんなに揚がらないかもしれない。サイズは少し小さいようだ。競り値に期待している」などと話していた。大ぶりのアサリは素材の味を楽しむならみそ汁か酒蒸しがおすすめだそうで、遠くは九州まで出回っているという。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク