全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

米艦船9年ぶり入港 苫小牧港 補給で、来月3日離岸

在日米海軍のミサイル駆逐艦「ラファエル・ペラルタ」(排水トン数9217トン、全長155メートル)が30日午前、苫小牧港・西港に入港した。米艦船の入港は2014年以来9年ぶり。着岸後、苫小牧商工会議所などによる歓迎セレモニーが岸壁で行われた。一方、苫小牧港の軍港化を懸念する市民団体などが港で寄港反対の抗議の声を上げたが、大きな混乱はなかった。

苫小牧港に入港したミサイル駆逐艦「ラファエル・ペラルタ」=30日午前7時35分ごろ

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている同艦は同日午前7時30分ごろ、苫小牧港・西港中央北埠頭(ふとう)に接岸した。苫小牧港管理組合が岸壁付近で車両の通行を規制し、警察が周辺の警備に当たった。同艦の乗組員は319人で、入港目的は補給や休養など。2月3日に苫小牧港を離れる。

 午前11時から歓迎セレモニーが行われ、港湾管理者の岩倉博文市長は「日米両国の関係が強まれば」とあいさつ。これを受けて同艦のチャールズ・クーパー艦長は「乗組員一同、苫小牧寄港をうれしく思う」と述べた。

 同艦を巡っては、市が昨年11月に寄港情報を把握した後、非核平和都市条例に基づき、核兵器搭載の有無について外務省と在札幌米国総領事館に照会した。その後、外務省から「核兵器を搭載していないことに政府として疑いを有していない」との回答があり、停泊する岸壁も確保されたことから、市は今月19日に受け入れを表明した。

 市によると、米艦船の入港は、14年2月のミサイル駆逐艦「カーティス・ウィルバー」(8591トン)と「ジョン・S・マッケイン」(8315トン)以来。記録が残る00年以降では6隻目となった。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク