全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

市民ら30人が観察会 保全や人との共存など学ぶ カンムリワシ週間

観察者の前を悠然と飛び立つカンムリワシ=29日午前、名蔵

 カンムリワシの保全活動などを行う民間団体のカンムリワシ・リサーチによるカンムリワシ観察会が29日、名蔵湾沿いの水田地帯で開催された。市民ら約30人が参加し、野鳥に関する知識を深めるともに自然環境の保全や人間との共存について学んだ。

 同団体は、カンムリワシの幼鳥が元日の太陽を浴びて舞う姿を歌った八重山民謡「鷲ぬ鳥節」にちなみ毎年、旧正月から1週間を「カンムリワシ週間」として定め、期間中はパネル展示やシンポジウムなどイベントを通して保護啓発活動を行っている。

 この日、水田で獲物を探すカンムリワシを発見すると、参加者は双眼鏡など使って行動や形態の特徴を観察した。

 島で越冬するサシバやミサゴ、ハヤブサなどの猛禽類のほかツメナガセキレイやコホオアカ、ムネアカタヒバリ、セイタカシギなども確認した。

 海星小学校の比嘉友愛さんは「鳴き声は聞いたことはあったが、実際にカンムリワシが鳴き交わしている姿を見ることができた」と貴重な体験に感動した様子。浦崎沙織さんは「よくドライブで電柱などに止まっている姿を見るが、朝の気持ちいい自然の中で見ることができて気持ちいい」と笑顔を見せた。

双眼鏡やカメラを手にカンムリワシなどの野鳥を観察する参加者ら=29日午前、名蔵

 観察会後は、場所を石垣やいま村に移し、同所で2007年から飼育されている交通事故で自然に返せなくなったカンムリワシの「よんなー」や昨年完成したリハビリケージを見学。カンムリワシの交通事故や生息環境の保全について考えた。

 同省石垣保護官事務所によると、昨年に交通事故に遭ったカンムリワシは16件(石垣10、西表6)。このうち12羽(石垣7、西表5)が命を落としている。  ことしは、29日時点で石垣島で1件の事故が発生し、1羽が死んでいる。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク