全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

災害救助犬など捜索実践 長野県原村で合宿訓練会

がれきに埋まった生存者役の人を探す救助犬や飼い主ら=29日

 災害や遭難時の行方不明者の捜索をサポートする災害救助犬の育成に取り組むNPO法人災害救助犬ネットワーク(本部・東京)は28日から1泊2日で、冬季合宿訓練会を長野県原村深山のあぴの森キャンプ場で開いた。全国各地の飼い主ら約10人と愛犬7頭が参加。29日には指示に従う訓練やがれきの下に隠れた生存者役を見つける訓練を行った。

 2007年に発足した同ネットは全国各地にボランティア会員約40人がいて、毎年季節ごとに各地で訓練会を行っている。同キャンプ場での開催は初めてで、同場を営む笠原正好さん(72)が復興支援などに取り組むNPO法人絆JAPAN(同村)の理事長を務めている縁で、知り合いを通じて開かれた。

 特定の臭いを追跡する警察犬と違って、救助犬は息や体臭など人の臭いをかぎ分けて不特定の生存者を探すのが特徴。同ネットは認定試験を行っていて、現在6頭の認定犬が活動する。

 今回は生後4、5カ月~10才の認定犬や試験合格を目指すシェパードやラブラドールなどが参加。29日の訓練では雪の上を駆け回り、丸太や小枝の下に隠れた生存者の会員を見つけると、何度もほえて飼い主らに伝えていた。会員には現役消防士や訓練士もいて、サポートしていた。

 嘱託警察犬でもある愛犬と参加した三上恵子さん(64)=青森県=は「新しい場所で楽しく実践的な訓練ができて刺激になった」と笑顔。救助犬は認知度が低く、各地の消防との合同訓練も行っているといい、四戸正子副理事長=岩手県=(52)は「まだまだ道半ば。相互理解を深めたい」、笠原さんは「諏訪地域でも救助犬に興味を持つ人が出てきたら」と話していた。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク