全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

バンディ専用リンク完成 体験会に親子連れら【釧路】

  アイスホッケーの原型ともいわれる氷上競技「バンディ」専用の屋外リンクが、大規模運動公園内の釧路市民サッカー場(広里3)に完成した。29日に講習会と体験会が開かれ、子供から大人まで約50人がバンディを楽しんだ。バンディ専用リンクは全国2カ所目。

  バンディは、1チーム11人がサッカー場ほどのリンクをスケートで滑り、スティックを使って直径6㌢のボールを相手ゴールに打ち込み、得点を競うスポーツ。バンディ専用リンクは、通常のスケートリンクの4倍ほどの大きさで、これまで国内では、2017年から十勝管内新得町に冬期間設営されている1カ所のみだった。

 今回のリンク開設に当たっては、釧路バンディ協会(高橋亜貴代表)が「氷都くしろに専用リンクを作り、地域活性化につなげよう」と考え、インターネットを通じて資金を集めるクラウドファンディング(CF)や、個人からの寄付で資金を集め、水道代などを捻出した。昨年12月から同会メンバーが中心となり、約2カ月かけて完成させた。

 リンクの広さは縦90㍍、横50㍍で、バンディで使用されるリンクの公式基準内。市から普段使用されていない冬の積雪期間中のリンク設営許可を得て、グラウンドにブルーシートを広げ、雪を固めた上に氷を張ったという。

  この日は、午前中に同会メンバーが子供たちにバンディを指導し、午後からは試合形式の体験会を行った。親子で参加した山本圭一郎さん(47)と悠斗くん(8)は「親子で参加できて楽しかった。今後も体験会があったら参加したい」と笑顔を見せていた。

 高橋代表は「通常のリンクより広い分、完成まで大変なこともあったが、きょう多くの人の笑顔を見れてよかった。支援してくれた人全員に感謝したい。また体験会も開く予定なので興味がある人は参加してほしい」と話している。

全国2カ所目となる「バンディ専用リンク」でバンディを楽しむ参加者ら

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク