全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪湖創生ビジョン」改定案 長野県がWG会議で示す

ワーキンググループ会議で創生ビジョンの改定案が示された諏訪湖

 諏訪湖のあるべき姿を実現するための指針「諏訪湖創生ビジョン」の5年ごとの改定(施策の見直し)に向けた第4回ワーキンググループ(WG)会議は25日長野県諏訪市内で開き、同ビジョン推進会議事務局の県諏訪地域振興局が改定案を提示した。水深が浅くなり船舶運航などに支障が出ていることなどを受け、湖底の泥を除去するしゅんせつについては、地域の合意を得ながら効果的な箇所や方法を調査・検証する-とした。

 同ビジョンは2018年度を初年度とした指針で、今年度は最初の施策見直し年。継続課題を踏まえて水質向上、浮葉植物ヒシの除去量増加、利水・生態系を目的としたしゅんせつ、生態系回復-の各項目の改善を推進することを掲げた。

 しゅんせつはビジョン改定に向けた昨年11月の地域懇談会でも話題に上がり、しゅんせつ中止後にヒシが繁茂し、水深も浅くなっているとして再開を求める意見が出た。一方で、過去のしゅんせつ後に貝やエビがいなくなったとの声も上がったことから地域の合意を得て効果的な方法を検討する。泥を除去して生物の生息環境改善につなげるなど生態系回復の取り組みにも位置付ける。

 ヒシの除去量については、第8期諏訪湖水質保全計画(22~26年度)案と同様に「今後5年間で倍増することを目指す」とした。前回WG会議で下諏訪町から提案された赤砂崎周辺への砂浜整備が案に盛られた。

 会議には県や湖周3市町、民間団体の関係者ら約30人が出席。諏訪湖の環境改善に取り組む「諏訪湖クラブ」のメンバーは「ヒシ除去のスピードが遅すぎる」と指摘した。同振興局環境課は「科学的知見を取りながら進めることが大事」とした。

 同振興局によると、この日の意見などを踏まえて案を固めた上でパブリックコメント(意見公募)を実施し、3月までに決定する方針。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク