全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪湖創生ビジョン」改定案 長野県がWG会議で示す

ワーキンググループ会議で創生ビジョンの改定案が示された諏訪湖

 諏訪湖のあるべき姿を実現するための指針「諏訪湖創生ビジョン」の5年ごとの改定(施策の見直し)に向けた第4回ワーキンググループ(WG)会議は25日長野県諏訪市内で開き、同ビジョン推進会議事務局の県諏訪地域振興局が改定案を提示した。水深が浅くなり船舶運航などに支障が出ていることなどを受け、湖底の泥を除去するしゅんせつについては、地域の合意を得ながら効果的な箇所や方法を調査・検証する-とした。

 同ビジョンは2018年度を初年度とした指針で、今年度は最初の施策見直し年。継続課題を踏まえて水質向上、浮葉植物ヒシの除去量増加、利水・生態系を目的としたしゅんせつ、生態系回復-の各項目の改善を推進することを掲げた。

 しゅんせつはビジョン改定に向けた昨年11月の地域懇談会でも話題に上がり、しゅんせつ中止後にヒシが繁茂し、水深も浅くなっているとして再開を求める意見が出た。一方で、過去のしゅんせつ後に貝やエビがいなくなったとの声も上がったことから地域の合意を得て効果的な方法を検討する。泥を除去して生物の生息環境改善につなげるなど生態系回復の取り組みにも位置付ける。

 ヒシの除去量については、第8期諏訪湖水質保全計画(22~26年度)案と同様に「今後5年間で倍増することを目指す」とした。前回WG会議で下諏訪町から提案された赤砂崎周辺への砂浜整備が案に盛られた。

 会議には県や湖周3市町、民間団体の関係者ら約30人が出席。諏訪湖の環境改善に取り組む「諏訪湖クラブ」のメンバーは「ヒシ除去のスピードが遅すぎる」と指摘した。同振興局環境課は「科学的知見を取りながら進めることが大事」とした。

 同振興局によると、この日の意見などを踏まえて案を固めた上でパブリックコメント(意見公募)を実施し、3月までに決定する方針。

関連記事

紀伊民報社

防砂ネットを撤去 橋杭海水浴場

 南紀串本観光協会は27日、和歌山県串本町くじの川の橋杭海水浴場に設置していた防砂ネットを撤去した。海水浴場では4月からビーチハウスの営業が始まり、イベントの開催も計画している。  ネットは、冬...

荘内日報社

鶴岡市・酒田市・庄内町 水道事業を統合 広域水道企業団設立目指す

 鶴岡、酒田、庄内の3市町の水道事業を統合し広域水道企業団の設立を目指す「庄内広域水道事業統合準備協議会」の設立総会が28日、酒田市役所で開かれた。3市町の水道事業を水平統合した企業団による事業を2026...

苫小牧の本田青果店 笑顔で別れ 「朝市」から始まり半世紀超 31日に幕

苫小牧市港町の「海の駅ぷらっとみなと市場」で、前身の公設食品卸売センター時代を含めて長年営業してきた「本田青果店」が31日、閉店する。店主の本田勅子さん(81)は、昭和の中ごろまで苫小牧駅前にあっ...

ばんえい十勝 名馬五頭 引退セレモニー

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。  引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、ア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク