全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪湖創生ビジョン」改定案 長野県がWG会議で示す

ワーキンググループ会議で創生ビジョンの改定案が示された諏訪湖

 諏訪湖のあるべき姿を実現するための指針「諏訪湖創生ビジョン」の5年ごとの改定(施策の見直し)に向けた第4回ワーキンググループ(WG)会議は25日長野県諏訪市内で開き、同ビジョン推進会議事務局の県諏訪地域振興局が改定案を提示した。水深が浅くなり船舶運航などに支障が出ていることなどを受け、湖底の泥を除去するしゅんせつについては、地域の合意を得ながら効果的な箇所や方法を調査・検証する-とした。

 同ビジョンは2018年度を初年度とした指針で、今年度は最初の施策見直し年。継続課題を踏まえて水質向上、浮葉植物ヒシの除去量増加、利水・生態系を目的としたしゅんせつ、生態系回復-の各項目の改善を推進することを掲げた。

 しゅんせつはビジョン改定に向けた昨年11月の地域懇談会でも話題に上がり、しゅんせつ中止後にヒシが繁茂し、水深も浅くなっているとして再開を求める意見が出た。一方で、過去のしゅんせつ後に貝やエビがいなくなったとの声も上がったことから地域の合意を得て効果的な方法を検討する。泥を除去して生物の生息環境改善につなげるなど生態系回復の取り組みにも位置付ける。

 ヒシの除去量については、第8期諏訪湖水質保全計画(22~26年度)案と同様に「今後5年間で倍増することを目指す」とした。前回WG会議で下諏訪町から提案された赤砂崎周辺への砂浜整備が案に盛られた。

 会議には県や湖周3市町、民間団体の関係者ら約30人が出席。諏訪湖の環境改善に取り組む「諏訪湖クラブ」のメンバーは「ヒシ除去のスピードが遅すぎる」と指摘した。同振興局環境課は「科学的知見を取りながら進めることが大事」とした。

 同振興局によると、この日の意見などを踏まえて案を固めた上でパブリックコメント(意見公募)を実施し、3月までに決定する方針。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク