全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

興紬商店が特選受賞 全国伝統的工芸品公募展 叶さん(鹿児島市)はバイヤー賞

特選に選ばれた興紬商店の作品「ぼたん」と興辰雄代表取締役(左)、興ほずみ専務取締役=23日、龍郷町

 第47回全国伝統的工芸品公募展(主催・一般社団法人伝統的工芸品産業振興協会)の入賞作品と特選作品がこのほど発表された。奄美からは鹿児島県龍郷町の興紬商店(興辰雄代表取締役)が織り上げた「ぼたん」が特選を受賞。県内では鹿児島市在住の叶若枝さん(73)が制作した「大島紬コート」がバイヤー賞に選ばれた。

 公募展は、長い間受け継がれてきた伝統的技術や技法に、現代生活で使うための新しいアイデアや表現を取り入れた市場性のある伝統的工芸品を公募し、魅力あふれる製品の開拓を行うことが目的。今回は全国から211点の応募があった。

 特選に選ばれた興紬商店の興ほずみ専務取締役は「横糸を2種類用いて、作品のタイトルにもなった『ぼたん』を立体的に描いた。奄美で染め上げた泥染めの絹糸を使用し、大胆な花の輪郭と花びらが舞い散る動きを表現した」と説明。「受賞を励みに、これからも大島紬の魅力を伝え続けたい」と意欲を語った。

受賞作と記念撮影に応じる制作者の叶さん=19日、東京都明治記念館

 バイヤー賞を受賞した叶さんは、19日に東京であった授賞式に出席。「奄美のハブをモチーフに柄を考えた。黄金色に染めた糸と朱色の糸で、ハブの中でも孤高の魅力を放つ金ハブを表現。外出が楽しくなるような明るい色を多用した」と語った。

 審査員からは「良く組み合わされた色と文様が、洋装での大島紬の新しい展開を想起させる。絹織物の軽さとたっぷりとしたフォルムは着る人を選ばず、広く訴求できる市場性を感じられる」との評価が寄せられた。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク