全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

子ども用品のリユースイベント好評 月1ペース能代で開催

会場には子ども服やおもちゃなどがずらり

 能代山本子育てサポートグループちゅちゅ(田中真理子代表)は今年度、子ども服やおもちゃなどを自由に持ち帰るイベント「ちゅちゅりゆーす」を始めた。4月からおおむね月1回のペースで続け、会場のマルヒコビルヂング(能代市元町)では市民から提供を受けた子ども用品がずらりと並ぶ。子育て世帯から好評を得ており、同会は「子ども服にお金が掛かると感じている人を少しでも手助けしたい」と話している。27日午前11時から開く今回からは、開発途上国の子どもたちにポリオワクチンを届ける事業に協力する。

 同グループは能代山本内外の子育て中の母親ら11人が所属し、子育てに役立つホームページの運営やイベントの開催などに取り組んでいる。
 田中代表は、3人目の子どもが生まれたものの、2人目までの服を「良い状態で残していなかった」ことから、「服にお金が掛かるな」と実感。「同じ思いをしているお母さんたちがいっぱいいるはず」と思い、飲食せず短時間でできるコロナ禍に合った取り組みとして同イベントを企画した。
 マルヒコのオープンに合わせて4月から始め、コロナの感染拡大を考慮しながらおおむね月1回のペースで続けてきた。
 子ども用品は、最初はメンバーの知人などから集めたが、回を重ねるうちに親交のない人からも開催日に提供されるようになり、〝品揃え〟が充実。現在は数百点に上り、おおむね新生児用から160㌢までの服、靴、おむつ交換シーツ、授乳クッション、おもちゃ、絵本、縫いぐるみなどが多彩に並ぶ。
 入場料100円を払うと、各種用品を自由に持ち帰ることができる。市内外の10~20組ほどが足を運んでおり、「何点持ち帰ってもよい点が驚かれる。提供する人も片付くし、喜ばれている」と田中代表。また、用品の数だけではなく、準備や片付けを手伝ってくれるスタッフも増えたという。
 市が今年度子育て世帯に行ったアンケートでは、経済的な困窮経験として最も多かったのは「子どもの服」だった。田中代表は「子ども服にお金が掛かると感じている人にとって少しでも手助けとなり、(用品を提供する人の)部屋も片付けば良いと思う。イベントを知ってもらい、必要な人に届いてほしい」と話していた。
 一方、多くの服が寄せられて保管場所の確保が難しくなってきたことから、NPO法人を通じて開発途上国の子どもたちにポリオワクチンが届けられる「古着deワクチン」に今月から服を提供することにした。
 7回目は27日午前11時から午後2時まで開催。予約不要で、誰でも参加可能。用品の持ち込みは今回は1人10点まで。問い合わせはライン(ID:@trg3614t)かメール(chuchunoshiro@yahoo.co.jp)へ。

関連記事

長野日報社

さわやか高原の風満喫 ピラタスの丘でワクワクフェス 長野県茅野市蓼科

 長野県茅野市郊外の蓼科にある高原リゾート「ピラタスの丘」を盛り上げようと活動しているピラタスの丘組合は15、16の両日、第2回ピラタスの丘・ワクワクフェスティバルをピラタスの丘頂上エリア(カフェ...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク