全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

角寒天作り最盛期 長野県諏訪地方

一夜にして凍り、霜が透き通る生天。隣の干し場では降雪前の天出し作業に追われる=24日、茅野市宮川のイチカネト

 長野県諏訪地方の冬の寒さを利用した天然の角寒天作りが最盛期を迎えている。寒天工場が集まる茅野市宮川に事務所を置く県寒天水産加工業協同組合によると「作業は昨年12月上旬から中旬に始まり、1月半ばに気温が緩むも安定した冷え込みと晴天で順調」という中、今冬、最強の寒波襲来に各社対策を取りつつ、後半戦への期待を込めている。

 角寒天は海藻を大釜で煮て、ろ過、凝固、切断した生天を屋外の寒風にさらし、凍る、解けるを繰り返し2週間ほどで水分が抜けて出来上がる。天候を見ながら干し場に広げたり、積み重ねたりする必要があり気の抜けない重度労働だ。今季は9工場が2月中旬頃まで稼動する。

 このうち、イチカネト(五味嘉江社長)では24日、雪が降る前に天出しを済ませ、積み重ねた天干し台をビニールシートで被う作業に追われた。組合長を務める五味社長は「一晩で生天が完全に凍る寒さが続き、各社、質の良い角寒天が出来ているよう。雪は余計だが、寒波を追い風にもうひと踏ん張りたい」と話していた。

 同組合と茅野商工会議所では今年も「寒天の日」(2月16日)に併せて、市内全ての保育園や幼稚園、小中学校に角寒天を無償提供し、子どもたちが寒天給食を通じて郷土の味と伝統産業に親しむ。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク